020で始まるIoT専用番号がモノのインターネットって何?メリットは?

この記事は約 5 分 で読むことができます。

携帯大手3社であるNTTドコモとKDDI(au)とソフトバンクが10月からIoT専用番号を順次に提供すると発表がありましたが、イマイチピンとこない人も多いのではないかと思います。

 

携帯会社が提供するものは既に「090」と「080」と「070」とありますが、携帯番号が枯渇するから新たに「020」で始まる番号を提供するのかと思った人は少なくないはずです。

 

実はこのIoT専用番号は人ではなくモノのインターネットと呼ばれるものなんですね。

 

今回は「020」で始まるIoT専用番号(モノのインターネット)についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

020で始まるIoT専用番号がモノのインターネットって何?



「020」で始まるIoT専用番号(モノのインターネット)って何?と思いますよね。

 

IoTとは、「Internet of Things」の略になります。

 

IoT専用番号(モノのインターネット)とは、あらゆる機器がネットワークでつながるために機器専用の通信番号になります。

 

つまりどういう事かと言うと、今までは携帯電話やパソコンやスマホなどインターネットで繋がっていましたが、あらゆるモノがインターネットを介して接続されるといものです。

 

今までにもWi-Fi接続など似たようなものはありましたが、IoT専用番号の提供が始まることで、あらゆる機器が接続され遠隔操作や管理を行えるようになり、今以上に便利な世の中になるということです。

 

漫画や映画の近未来的な世界がまた一歩現実の世界になるようなものなので、人類の進化はすごいと思わされますね^^

 

スポンサードリンク




IoT専用番号(モノのインターネット)のメリット



IoT専用番号(モノのインターネット)が普及することでどのようなメリットがあるのか気になりますよね。

 

IoT専用番号(モノのインターネット)のない今でも一部のものでは同じようなことができますが、さらに広がっていきます。

 

専用機器がなくても人や動物にIoT端末のタグを付けることで、外出中でも子供の様子が分かったり出来ます。

 

ペットの場合も同じで様子を伺えるだけでなく、旅行など長期間家を空けるようなことがあっても、今までだと知人や業者に預けなければならなかったものが、時間になれば自動的にエサの用意が適量に用意できたりするこが出来たりするようになるかもしれません。

 

他にも車の完全自動運転であったり、走行状況によりオイル交換の時期や不具合の事前回避ができたり、さらには目的地までロスがなく最短でかつ燃費も効率良くたどり着けたりと言った可能性も秘めています。

 

企業などでは、無駄に在庫を抱える必要もなく、必要な分だけが必要な時に準備できたりしてコストの削減に貢献できたりと、可能性は無限大によくなってくるのでは思います。

 

また、新たなインフラビジネスが始まる時は、お金が大きく動きますから、仕事も回り景気回復のひとつになったりします。

 

人類の進化はどこまで進むのって思わされますね。

 

IoT専用番号(モノのインターネット)のデメリット



IoTの普及によりメリットばかりしか無いように見えますが、実はデメリットもあります。

 

時代の変化についていけなくても、確実にその波に飲み込まれてしまいます。

 

過去を振り返っても分かることと思いますが、インフラが整えば嫌でもその環境に合わせていかなければならなくなります。

 

例えば、一昔前に携帯電話を持たないと言っていた人は今でも持っていない人はいますか?

 

じゃあスマホは?

 

携帯電話やスマホを持っていない人は中にはいるかも知れませんが、頑なに拒んでいた人でも、今では殆どの人が持っているのではないでしょうか。

 

更にテレビがアナログから地デジに変わった時、テレビを買い替えたことと思います。

 

だって、チューナーを変えれば別ですが、アナログテレビ事体が見られなくなるのですから、変えざるを得ない状況でしたねよね。

 

つまり、時代の変化に対応できなければ、着いていくために合わせるか、時代に取り残されるのかのどちらかしか選択肢がありません。

 

でも、現実的には合わせるしかできませんし、この差が格差社会を産んでいくきっかけのひとつになっていたりしますよね。

 

もっと言えば、コロンブスがアメリカ大陸を発見した時、現地の住民であったインディアンたちが追いやられていきましたよね。

 

時代の最先端にいる人達とそうでない人達の結果がどうなるのかと言うことは過去の歴史から見ても分かるのではないかと思います。

 

最後に

時代が大きく動く一方で、必ず出てくるのが詐欺商法だと思います。

 

正直に言って新しいものが始まる時はよく分かりませんから、それを言葉巧みに使って詐欺師が大きく出てきたりします。

 

「よくわからないから別に関係ないし、誰の話も聞かないから大丈夫」と思う人は少なくありませんが、そう言った人でも騙されはしなくても、インディアンの話のように情報格差はいずれ力あるものに飲み込まれますから、完璧に知らなくてもある程度の知識は必要だと思います。

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す