スノーウェーブパーク白鳥高原スキー場のコースと混雑や口コミは?

この記事は約 7 分 で読むことができます。

スキー、スノボシーズンになりましたが、毎年出かけるスキー場が決まっている人もいれば、どこに行こうか迷っている人もいますよね。

 

今回は、岐阜県の奥美濃エリアにあるスノーウェーブパーク白鳥高原のゲレンデやコースやリフト料金などのスキー場の詳細や週末の混雑状況や口コミなどについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

スノーウェーブパーク白鳥高原スキー場のコースやゲレンデマップ

スノーウェーブパーク白鳥高原は奥美濃エリアにあるスキー場の中では中規模サイズのスキー場と言えます。

 

私がスノボを始めた頃は奥美濃エリアのスキー場としては、ごくごく普通な印象のスキー場でしたが、スキー場の名前の通り「スノーウェーブパーク」となってからは、パークが一番充実した楽しいスキー場に変わったなと言う印象を持ちました。

 

それ故、人気のスキー場のひとつになりましたね^^

 

では、スノーウェーブパーク白鳥高原のゲレンデマップとコースについての紹介です。

 



標高の最上部が1,276m、最下部が1,100mの標高差176mあり、最大傾斜30度で最長滑走距離2500mのスキー場になっています。

 

コースは全部で6コースありますが実際に滑ってみると、好きなようにどこでも滑られるので、自分のレベルに合わせたコース取りが出来ます。

 

リフトはクワッドリフト1基、ペアリフト2基となっています。

 

キッズエリアも完備されていますが、入場料は無料で滑り台が置いてあったり、ソリで遊んだり出来ます。

 

また、ファミリーエリアでは広大な緩斜面のため、子供や初めてスキーやスノボをやる人にはおすすめの場所となっています。

 

スノーパークでは奥美濃エリアでは最大級のアイテムが充実しているので、技を磨きたい人にはおすすめの場所と言えるでしょう^^

 

スノーウェーブパーク白鳥高原はスノーボーダーが7割、スキーヤーが3割ぐらいの人口比率で全体的には初中級者向きのスキー場となっています。

 

スノーウェーブパーク白鳥高原のリフト料金

1日券(8:00~16:00)

大人 : 4000円
中・高生 : 2500円(年齢証明書必要)
小学生以下 : 2000円(大人1枚で2名まで無料)
シニア(60歳以上) ;: 2000円(要身分証提示)

 

午前半日券(8:00~12:00)

大人 : 3000円

 

午後半日券(12:00~16:30)

大人 : 2000円

 

回数券

1回券 : 400円

 

超・激ヤバキャンペーン

12月16日までと3月13日以降の激ヤバクーポンを提示すると1日券リフトがリフト1日券+800円食事券で平日2000円 土日祝3000円(レンタルセット&ウェアー1500円off)になります。

 

レディースDAY(月・火・水曜)

1日リフト券が毎週 月・火・水曜(祝祭日・12/28 -1/4除く※お子様無料は適用外となります)に限り通常4,000円→女性に限り無料(レンタルセット&ウェアー1500円off)

 

レディースデーをやっているスキー場は多いですが、週に3日もやっているスキー場はなかなか無いですし、しかも無料で行けるのでこれはかなり良いですよね^^

 

男(ダン)DAY&レディースDAY(木・金曜)

1日リフト券+800円の食事券パックが毎週木金曜(祝祭日・12/28-1/4除く※お子様無料も適用致します)に限り 通常4,800円→2,000円(800円食事券とレンタルセット&ウェアー1500円off)

 

男性も割引デーをしているのは珍しいです。
そして、女性とって平日のスノーウェーブパーク白鳥高原は何かしらの割引が常時受けられるというのはありがたいですね^^

 

キッズパーク

入場無料

 

駐車料金

1000円

 

スノーウェーブパーク白鳥高原のレンタル料金

スポンサードリンク




続いて、スキーやスノーボードとウェアのレンタル料金についての紹介です。

 

種類 料金
スキーセット(カービング) 4000円
スキー板(カービング) 2500円
スキーブーツ(16cm-30cm) 1500円
ストック 1000円
Jrスキーセット 3500円
ファンスキーセット 4000円
ボードセット 5000円
ボード板 3500円
ボードブーツ(17cm-30cm) 2000円
ウェアー(XS-XXL) 3500円
Jrボードセット 3500円
Jrウェアー(90cm-140cm) 3000円

 

レンタル用品はホテル隣にあるレンタルハウス「シュルンツ」にあるので、迷うこともなくすぐに見つけられると思います。

 

スノーウェーブパーク白鳥高原スキー場の混雑

スノーウェーブパーク白鳥高原スキー場の混雑状況ですが、休日の日にはそれなりに混雑するスキー場です。

 

ゲレンデ事体にはそれほどでないのですが、リフトが3本しかな無く、どうしてもリフト乗り場に人が集中してしまうため、リフトの並び時間には待ち時間が発生してしまいます。

 

週末の平均の待ち時間は私の経験からすると、空いている時は5分ぐらいで、多い時には15分ぐらいの平均して10分待ちは覚悟しておいたほうが良いと思います。

 

スノーウェーブパーク白鳥高原スキー場の口コミ



 

スノーウェーブパーク白鳥高原のスキー場はこんな感じです^^

 

 

スノーウェーブパーク白鳥高原スキー場の詳しいアクセスは下の地図画像をクリックすると、お手持ちのアプリで開きます^^

 

最後に

リフトの数が少なく、どうしてもそこに人が集中してしまうので、待ち時間なくスムーズに行けないのは少々難ありですが、スノーパークの充実ぶりは満足度が高く、スノーボーダーにはとても人気のスキー場と言えます。

 

ただ、シーズン中に大会などが行われていたりするので、その日にブッキングしてしまうと、滑られるコースが限定されてしまうので、その時はつまらなかった記憶があります(泣)

 

とは言え、大人1枚で子供2人分が無料になるので、家族で出かけるのにもおすすめスキー場だと言えますね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す