おむすびとおにぎりとにぎりめしの違いは?意味や由来は奥深いもの?

この記事は約 4 分 で読むことができます。

お弁当の時などには、入っているだけで嬉しくなる「おにぎり」や「おむすび」。

 

コンビニでもダントツの売り上げるそうですが、どこでも手軽に食べられてシンプルに美味しいから、その人気も納得です。

 

ところで、コンビニでは「おにぎり」や「おむすび」と言う商品名になっていますが、「にぎりめし」とも言いますよね。

 

呼び方が3種類もありますが、その違いって何?と聞かれたらあなたはすぐに答えられますか?

 

と言うことで、「おにぎり」「おむすび」「にぎりめし」の違いについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

おむすびとおにぎりとにぎりめしの違い



 

おむすびとおにぎりとにぎりめしと呼び名は様々ですが、使い分けていると言う人は少なく、同じものという認識になっています。

 

これでももちろん正解のようですが、意味や由来などを調べてみると正確には違っているようです。

 

歴史を辿ってみると、「にぎりめし」「おにぎり」「おむすび」となっているようですが、諸説によって違っていたりするので定かではないようですね。

 

ただ、にぎりめしが最も古くからあるのは変わりないようですが・・・では順番に見ていきましょう^^

 

にぎりめしの意味や由来

今では「にぎりめし」と言う人はあまりいないと思いますが、「おにぎり」の元となったのがにぎりめしです。

 

つまり、にぎりめしとおにぎりは同一のものと言うことになりますが、それも少し違っているようです。

 

にぎりめしは、もち米をむした強飯(こわいい)をにぎったものが本来のもののようです。

 

一方でおにぎりは一般的なお米であるうるち米で握られていますよね。

 

おこわを握ったものがにぎりめしと言うのが一番しっくりくるのではと思います。

 

また、地方によっても呼び方が変わり、小倉(福岡)では「にぎりめし」と呼ぶ人が多いようです。

 

おにぎりの意味や由来

スポンサードリンク




にぎりめしと呼ばれていたものが次第におにぎりと呼ぶようになり、もち米からうるち米に変わっていったのは先程でも説明したとおりです。

 

また、おにぎりには三角形の形をしていなくてもよく、握られていればおにぎりなのです。

 

そしておにぎりは、農民などの庶民の言葉だったとの説があり、日本の多くの地域ではおむすびよりもおにぎりと呼んでいるようです。

 

おにぎりには「鬼を切る」と言う語呂合わせがあり、鬼退治に白飯の握り飯を投げつけ魔除けの効果があるとも言われていたそうです。

 

おむすびの意味や由来

おむすびは三角形の形をしたものをおむすびと言い、これには山を神格化してきたため、おにぎりの三角形は山の形をしていると言う説があります。

 

他にも三角の形は造化の三神に由来するとの説があります。

 

造化の三神とは、三柱の神:天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)・高御産巣日神(たかみむすびのかみ)・神産巣日神(かみむすびのかみ)の事を現し、「結びの神」と繋がることから、おむすびは「御結び」に由来しているとも言われています。

 

また、おむすびには海苔を巻きますが、湿った海苔が全面を覆うのがおにぎりと言い、パリパリの海苔が一部分を巻くのがおむすびだと言う説もあるようです。

 

最後に

「にぎりめし」と「おにぎり」と「おむすび」の意味や由来を調べてみると、違いに気付かされますよね。

 

私は「おにぎり」といつもは呼んでいますが、意味や由来を知ると「おむすび」と呼ぶように変えようかなと思いますよね。

 

また、何となくが、にぎりめしって海苔が巻いていないものをのイメージしませんか?

 

形と海苔の感じで使い分けも良いかも知れませんし、実際にそのようですからね^^

 

日本では基本的に神様から由来するものが多いですから、日本のお米は天照大御神(アマテラスオオミカミ)からの授かりものと言われていますし、三柱の神である天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)は日本で一番最初の神様と言われていますから、日々食べ物に感謝して生きている実感を味わいたいですね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す