大阪城公園の桜の2017年の開花時期と見頃はいつ?西の丸庭園がお勧め

この記事は約 4 分 で読むことができます。

大阪城の天守閣を中心にソメイヨシノ、ヤマザクラ、ヤエザクラなど約3000本の桜が広がるのは桜の名所にふさわしい美しいの一言に尽きます。

 

敷地面積が広くどこでも花見を楽しめる大阪城公園ですが、その中でも西の丸庭園が人気だったりしますが、2017年の開花時期や見頃はいつがオススメなのでしょうか?

 

混雑やアクセス方法などについてもまとめてみましたので、ぜひ参考に御覧くださいね^^

 

スポンサードリンク




 

大阪城公園の桜の2017年の開花時期と見頃はいつ



2017年の大阪城公園公園の開花時期と見頃ですが、詳しい情報は桜の時期が近づいたらこちらより確認することが出来ます。

⇒ 公式サイト

 

その年によって気温や環境によって違いはありますが、例年の開花状況や見頃は3月下旬~4月下旬が見ごろとなっています。

 

大阪城公園はライブなどのイベントがよく開催されているので、行ったことのある人も多いと思いますが、敷地面積が広いためどこでもお花見を楽しむことが出来ます。

 

また、天守閣周辺は巨大な石垣やお堀があったり、お城などがあるため桜とのカメラワークの相性も非常によく、綺麗な1枚を飾ることが出来るでしょう。

 

また、夜にはライトアップもされるので、期間中はいつでも楽しむことが出来ます。

 

ライトアップは観桜ナイター(4月上旬)の期間中に開催され、時間帯は18:00~21:00頃までの予定になっていると思います。

 

また、屋台などのお店も並び、時間によっては大道芸のパフォーマンスなども見れたりと花見だけでなく、楽しむスポットがいっぱいです。

 

さらに、大阪城公園ではエリアが限られてはいますが、バーベキューを楽しむこともできるので、花見を楽しみながらバーベキューが出来るのは、何とも言えない贅沢でこちらも人気のスポットです^^

 

開催場所は大阪府大阪市中央区大阪城になります。

 



 

大阪城公園の桜を見るなら西の丸庭園がおすすめ

お城とのコントラストも非常に良い大阪城公園での花見ですが、西の丸庭園はもっと人気のスポットでおすすめです^^

 

西の丸庭園は豊臣秀吉の正室 ねね(北政所)や秀吉の弟 秀長の屋敷があった場所で、ソメイヨシノを中心に約300本の桜の名所として、一番の見どころです。

 

西の丸庭園には入場料金がかかりますが、通常料金は200円となっていますが、ライトアップされている観桜ナイター期間中は350円に変更されています。

 

ですが、ライトアップされた桜は昼間見る桜とは雰囲気も違って夜には夜の美しさがひと際目に引くので、合わせて花見を楽しんでみてはと思います。

 

大阪城公園へのアクセス方法や詳細

スポンサードリンク




ここで大阪城公園へのアクセス方法についてまとめてみますね。

 

桜の見頃 3月下旬 ~ 4月下旬
開演・閉園時間 24時間
定休日 なし
※西の丸庭園月曜休(祝日の場合は翌平日休)
料金 無料
イベント 観桜ナイター
夜桜鑑賞 西の丸庭園9:00~17:00(入園は~16:30)
観桜ナイター期間中9:00~21:00(入園は~20:30)
住所 大阪府大阪市中央区大阪城
お問い合わせ 06-6755-4146
ホームページ 公式サイト
駐車場 大阪城公園駅前(乗用車)171台
基本料金(午前8時~午後10時)1時間350円
夜間料金(午後10時~翌日午前8時)1時間150円森ノ宮(乗用車)98台
基本料金(午前8時~午後10時)1時間350円
夜間料金(午後10時~翌日午前8時)1時間150円
交通アクセス 【電車】地下鉄谷町線・中央線谷町四丁目駅から徒歩約10分

【車】阪神高速森之宮出口から約5分

大阪城公園の地図

 

最後に

花見を一日楽しむ場合には、この時期寒暖の差はまだまだありますから、昼間暖かくても夜は冷え込んだりします。

 

そのため、防寒対策はしっかりとしておきましょうね。

 

また、大阪には大阪城公園以外にもたくさんの観光スポットがあるので、せっかくの機会ですから合わせて観光してみるのも良いかもしれませんね。

⇒ 大阪城公園の周辺の宿とホテル

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す