万博記念公園の桜2017年の開花時期と見頃はいつ?駐車場やアクセスは

この記事は約 6 分 で読むことができます。

大阪府吹田市にある万博記念公園は岡本太郎の「太陽の塔」などで観光でも有名な場所ですが、日本さくらの名所100選にも選定されている花見のスポットでもあります。

 

園内には 「ヒガンザクラ」や「カンヒザクラ」や「ソメイヨシノ」など9種・約5500本の桜が東大路の桜並木を中心に咲き誇っています。

 

また、桜まつりや期間中には夜間ライトアップなどイベントももりだくさんです。

 

今回はそんな万博記念公園の桜の2017年の開花時期と見頃など、更には駐車場やアクセス方法などについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

万博記念公園の桜の2017年の開花時期と見頃



「日本さくら名所100選」にも選ばれている、万博記念公園の桜は3月の中頃からヒガンザクラやカンヒザクラが咲き始め、3月の下旬から4月の上旬頃にはソメイヨシノなどが咲き誇り、4月の中旬から下旬にかけてヤマザクラや八重桜が咲き誇ります。

 

2017年の詳しい詳細は万博記念公園のサイトにて確認することが出来ます。

⇒ 万博記念公園

 

万博記念公園の桜のおすすめスポットや見どころ



万博記念公園の桜は太陽の塔のある自然文化園と日本庭園との2つのエリアに別れています。

 

やはり一番の見所となるのが、自然文化園にあるソメイヨシノではないでしょうか。

 

約500本の桜が東大路の桜並木になっており、太陽の塔とのコンストラストは写真撮影にはお勧めのスポット。

 

また、多くの人が桜の木のビニールシートなどを敷いて花見を楽しんでいます。

 

万博記念公園の桜の花の見ごろ

桜の花でも種類によって開花時期が異なるため、当然ですが見ごろも変わってきます。

 

ですから、桜の種類によっておすすめの時期も紹介しますね^^

 

ソメイヨシノ

見ごろ 3月中旬から3月下旬
場所 自然文化園 東大路

 

日本で桜と言えば、「ソメイヨシノ」の名前が最初に出てくると思いますが、東大路に約500本の桜並木の先に見える太陽の塔とのコンストラストはおすすめです^^

 

しだれ桜

見ごろ 4月上旬から4月中旬
場所 自然文化園 せせらぎ広場

 

万国博開催10周年を記念して昭和55年に植樹されたしだれ桜は、ライトアップにこそ、その姿かたちが幻想的な雰囲気に見とれてしまいますね^^

 

オオシマザクラ

見ごろ 4月上旬から4月中旬
場所 自然文化園 太陽の塔付近

 

花びらは大きくて白い花を咲かせ、葉も同時に出ているので、薄ピンク色の桜とはちょっと違った感じがしますよね。

 

また、香りが良いことから、桜餅の葉はオオシマザクラの葉を包んでいるんですよ^^

 

ヤマザクラ

見ごろ 4月上旬から4月中旬
場所 自然文化園 桜の流れ

 

日本の山に自生する桜で褐色の葉が特徴です。

 

八重桜

見ごろ 4月中旬から4月中旬
場所 自然文化園 東の広場 / 日本庭園 州浜

 

園芸品種の桜の総称を八重桜と呼びます。

 

ですから、八重桜と言っても何品種もありますが、葉と花が同時に咲くのが特徴で花びらが細かく綺麗な形をしていたり、花びらの中央から出ている雄しべに特徴があったりと様々です。

 

万博記念公園桜まつりの開催時期や詳細

スポンサードリンク




2017年の万博記念公園の桜まつりの開催日時は、現在の2月6日時点では発表されておりませんが、例年の開催時期を見ていると平成29年3月25日(土曜日)から4月9日(日曜日)頃になると予想されます。

 

開催日時は9時30分から21時までの間で、入園は20時30分までで、16時30分以降は中央口、東口及び日本庭園前ゲートからのみの入園となると思われます。

 

開催場所は自然文化園の東大路の周辺で行われ、ライトアップは桜まつり期間中の18:00~21:00までの間開催されています。

 

詳しくこちらの桜の開花情報で確認できます。

⇒ 万博記念公園の開花状況

 

また、例年では菊正宗酒造より商品試飲会が開催されているので、2017年も3月31日(金曜日)から2日(日曜日)の期間中の11:00~15:30までの間で自然文化園の東大路でイベントが開催されるであろうと思われます。

 

当然ですが、車の運転手さんは飲んではイケマセンよ!
お酒を飲まれる方は、公共交通機関を利用してくださいね^^

 

こちらも公式サイトにて確認して下さいね。

 

また、桜まつり期間中はバーベキューなどもできるので、花見を楽しみながらみんなでバーベキューをしながら盛り上がりたいと言う人にはおすすめです^^

 

ですが、完全予約制ですので、人気のスポットのため、早めに予約を済ませておくのがおすすめです。

 

また、食材の提供はされないので、各自で準備が必要です。

 

【お問い合わせ先】

万博バーベキューコーナー
06-6875-5503

 

万博記念公園へのアクセス方法や駐車場などの詳細

ここで万博記念公園へのアクセス方法についてまとめてみますね。

 

桜の見頃 3月下旬 ~ 4月上旬
開演・閉園時間 9:30~21:00 最終入園は閉園30分前まで
定休日 水曜 ※桜まつり開催期間中は無休
料金 大人250円・小中学生70円
イベント 桜まつり
夜桜鑑賞 18:00~21:00
住所 大阪府吹田市千里万博公園
お問い合わせ 06-6877-7387(万博記念公園総合案内所)
ホームページ 万博記念公園
駐車場 敷地内6か所有り/合計4300台収容可能
駐車料金 平日 2時間まで400円/以降1時間毎に200円増で最大1000円
土・日・祝 2時間まで600円/以降1時間毎に300円増で最大1500円
交通アクセス 【電車】大阪モノレール万博記念公園駅から徒歩約5分
大阪モノレール公園東口駅から徒歩約5分【車】近畿道吹田ICから約5分
中国道中国吹田ICから約5分

 

万博記念公園の地図

 

大阪は万博記念公園でも楽しめますし、他にも観光スポットはたくさんあります。

 

遠方から来られる方で万博記念公園周辺の宿とホテルをお探しの方はこちらより探すこちができます。

⇒ 万博記念公園の周辺の宿とホテル

 

最後に

万博記念公園の開花時期や見ごろや桜まつりなどのイベントについてまとめてみました。

 

広い敷地に車の収容台数も4000台以上となっていますが、それでも週末などは混雑しますから車で来る際には余裕を持って行きたいですね。

 

また、万博記念公園だけでも丸一日楽しむことも出来ますし、せっかくなので他の観光地を楽しむのも良いですね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す