五月病の症状が子供にも表れた時の治し方!少しの気遣いで改善できる

この記事は約 7 分 で読むことができます。

新学期も始まり一通り慣れたと思ったらゴールデンウィーク。

 

それまでは緊張しながらも学校の生活に慣れ、勉強や友達との関係にも大丈夫かなと思った矢先に「学校に行きたくない」と言い出した子供。

 

これってもしかしたら・・・「五月病?」って思ってしまいますよね。

 

五月病になるとどんな症状が出るのか?もしそうならどのように対処したら良いのかについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

五月病とは



入学や就職など環境が変わる4月に最初は緊張しながらも新生活に頑張っていますよね。

 

緊張の中過ごす1ヶ月の後にゴールデンウィークでリフレッシュすると思いきや、5月の連休明けに肉体的・精神的に億劫になり、学校や職場に行きたくなくなる症状を五月病と言います。

 

主に五月病になりやすいのは入学を迎えた新一年生や社会人一年目の新人に多く見られますが、最近では誰にでも起こり得る症状と言っても良いかもしれません。

 

五月病は連休明けの5月によく起こる症状からそう呼ばれていますが、正式には「うつ病」「適応障害」と呼ばれています。

 

病院などで、うつ病や適応障害と診断されると重く受け止めてしまいそうですが、気持ちの落ち込み期間が浅いため、症状も軽く改善の余地は充分にあるので前向きに捉えていくことが大切です。

 

五月病の主な症状



五月病の症状にはどんなものがあるのか、何となく分かりそうですが、ここでハッキリと確認しておきましょう。

 

精神的な症状と身体的な症状とで分けて見てみましょう^^

 

五月病の精神的な症状

・不安を感じている
・気持ちが落ち込んでいる
・やる気が出ない
・集中力がない
・焦りを感じている
・イライラしやすい
・無気力である、ボーッとしている
・ネガティブに考える
・物忘れが激しくなる
・笑うことがなくなり、元気がない

 

など、精神的な症状は明らかに以前のような快活さが無くなってくるので、分かるのではないかと思います。

 

五月病の身体的な症状

・疲れやすく、疲れがとれない
・なかなか寝付けない
・食欲がない
・動悸やめまいや息苦しさがある
・人と話さなくなり、一人で部屋にこもっている
・学校や職場や保育園・幼稚園に行くのを嫌がる
・親に甘えてくることが多くなる(子供が小さい場合)

 

身体的な症状も出てくるので、こちらも普段の様子に違和感を感じると思うので、おかしいなと思ったら、五月病だと思った方が良いと思います。

 

幼稚園や保育園に通う子供が五月病の症状になった場合の治し方

スポンサードリンク




五月病の症状は子供によって様々ですが、普段の様子とは明らかに変わってくるので、気がついたら早めに対策していくことが大切です。

 

保育園児や幼稚園児の場合には、急にベッタリしだして甘えたり、保育園や幼稚園に行きたがらないので、5月の連休明けにそのような症状が出たら五月病です。

 

ですが、幼児の場合は、5月に限らず、体調を崩しやすいですし、園に行くことが義務化されていないので、何日も休んだりすることがあるかと思います。

 

そのような時にはやはり、五月病のように症状が出てくるので、幼児の場合にはあまり深刻に考える必要はありません。

 

それよりも、子供とのスキンシップを大切にして甘えさせられるだけ甘えさせて下さいね。

 

ただ気をつけなければならないのが、甘やかさないという事です。

 

「甘えさせる」と「甘やかす」は似ている言葉ですが、意味が全く違うので注意が必要です。

 

親の都合で子供と接するのではなく、ありのままの子供を受け入れてあげて下さいね。

 

また、園の先生とも相談したりして、子供本人が楽しく保育園や幼稚園に通えるように工夫してみてあげてくださいね^^

 

小学校に通う子供が五月病の症状になった場合の治し方



小学生にもなってくると、子供も成長してくるので自分なりの思いや考えがあります。

 

ですが、何が原因で五月病になっているのかは分からなかったりするものです。

 

ですから、普段から子供との関わることが大切で、一番良い方法は食事中などにさり気なく話を聞いてみると良いです。

 

子供は子供なりに学校のこと、勉強のこと、友達のことなど悩んでいることがたくさんありますから、母親から聞けば、自然と話してくれるものです。

 

よくある話が、「うちの子は全然話さないから」と言われるお母さんがいますが、子供が話し出すのを待っていてもなかなか自分から話てくれるものではありません。

 

ましてや男の子なら、なおさらそうです。

 

子供が話してくれるのを期待しているのと同じように、子供もお母さんから聞いてくれるのを待っているかもしれませんよ。

 

「うるさい、話すことなんて何にもない」と言うお子さんも中にはいることと思いますが、それは普段からのコミュニケーションがとれていない証拠です。

 

必要以上に子供から聞き出そうとしていたり、子供が悩み事を話し出しても、しっかりと最後まで聞いてあげなかったり、親の押し付けがましいアドバイスをしていたりしているかもしれません。

 

特に最後の親からのアドバイスですが、子供よりも経験があるため、子供の悩みに対して的確なアドバイスかもしれませんが、それが嫌なことは充分にあります。

 

これってあなた自身も経験あることだと思いますが、友達や信頼できる相手に悩み事を相談した時に、「それって、〇〇したら良いんだよ」と言われても、納得出来ないことってたくさんあったはずです。

 

「そうなのかもしれないけど、それって自分のやり方じゃない」「ただ話を聞いてくれるだけで充分なのに、かえっておせっかい」などなど、そのように思ったことは何度もあるのではないでしょうか。

 

子供だって同じなんですよ^^

 

ですから、子供の話を真剣に聞いてあげて、子供なりの回答を出させてあげるのが良いんです。

 

例え、それが失敗するなと思ったとしても、子供の納得行くようにさせてあげて、ひとつの経験として成長させてあげれば良いんです^^

 

余程のことでもない限り、その失敗が今後の人生に大きく影響するってものでなければ大丈夫です(笑)

 

他にも、子供と一緒に遊んだり、体を動かしたり、スキンシップを取るのも大切です。

 

子供であっても、ひとりの人間として扱い自立に向けて見守ってあげてください。

 

そして、幼児と同様に甘えたい時には、しっかりとたくさん甘えさせてあげて下さいね。

 

そこはまだまだ子供ですから^^

 

では、中学生や高校生の子供には・・・となりますが、大きくなっても基本は同じ。

 

小さい頃のように素直さはありませんが、あるがままの姿を受け入れてください。

 

親から愛されている子供は自己肯定感がしっかりと養われ、どんな困難にも自分の力で乗り越えられるようになります。

 

このように子供と接していけば、五月病なんてすぐに解決できますよ^^

 

最後に

私達、親もひとりの人間ですから、時には感情的になってしまうこともあるでしょう。

 

そんな時には、親が自ら子供に謝ることです。

 

何も完璧な親になる必要はないのです。

 

ありのままの自分でいることが疲れないですし、結果的には自立して大きく成長していけるものだと思います。

 

と、後半は大きく話が逸れてしまいましたが、五月病に限らず、本質的なことを追求していけば、立派に子供成長していくと思いますよ^^

 

そして子育ては大変かもしれませんが、自分も成長させられますし、今という時間を大切にそして楽しんで見てくださいね^^

 

きっと、子供が自立した時に、かけがえのないものが返ってくるはずですから^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す