靴がきつくて小さいので合わない!自分で出来る直し方を紹介!

この記事は約 6 分 で読むことができます。

靴のサイズ確認をしたのに、いざ履いてみたらきつかったり、小さかったりと言うことはありませんか?

 

あるいはデザインがすごく気に入って、少しサイズが小さいかなと思いながらも、試着で履けたから大丈夫と思って買ってしまったなど、理由は様々でしょうが、そんな時どうしますか?

 

お店に直接返品して交換してもらいますか?

 

でも、忙しくてなかなか交換に行けなかったり、靴を買ってからすぐ履かずに長いことほったらかしにしていて履いてみたら合わなかったり、あるいは通販などで購入して交換してもらうのには送料がかかってしまうなど、場合によっては交換できないなんてこともあるかと思います。

 

今回は、そんな人にこそ役立つ、自分でできる靴のサイズ調整の方法を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

靴がきつくて小さい合わないものを履き続けるとどうなるの?



 

靴が小さくてきついけれども、無理して履けば履けないこともないなと思う時もありますよね。

 

長時間履くわけでもないし、デザインが気に入っているから履きたいと思うこともありますが、実は合わない靴を履き続けることは体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

 

では実際にそのような靴を履き続けるとどうなるのかを見ていきましょう。

 

歩きにくい

当然ですが、サイズの合わない小さい靴を履いていると歩きにくいです。

 

それがヒールだとさらに歩きにくいのは言うまでもありません。

 

歩きにくい靴は足に負担がかかるため、疲れやすく、転びやすくなります。

 

また、精神的にも負担が大きく、いくら気に入ったからと言っても、それだけで疲れてしまいますね。

 

肩こりや腰痛や頭痛の原因になる

足は体を支える大事な土台となっています。

 

靴のサイズが合わないと、地に足が着かない状態になり、足だけでなく、膝や腰にも大きな負担がかかってしまいます。

 

そればかりか、背骨や首の骨にも負担がかかりますし、変な姿勢で歩くことになるので、体も歪んでしまいます。

 

体が歪むと、肩こりや腰痛になりやすく、更には頭痛までも引き起こす可能性もあると言われています。

 

下半身太りになる

サイズの合わない靴を履いていると、足が圧迫されますよね。

 

足が圧迫されると血液の循環が悪くなり、滞ってしまいます。

 

そうなると、足がむくんだり冷え性の原因になってしまいますが、血の巡りが悪くなることで代謝も衰え、下半身だけがずんぐりむっくりのようになってしまう可能性があります。

 

足の形が変形してしまう

小さい靴を無理に履き続けると、足の骨の形が靴の形に合わせられ、結果的に骨が変形する可能性が出てきます。

 

代表的なもので言えば、「外反母趾」になる可能性があります。

 

一昔前の話ですが、中国では女性の足のサイズは小さければ小さいほど良いと言われている時代があり、無理にサイズの合わない小さな靴を履き続けていたため、当時の女性の多くが外反母趾になっていたと言う歴史があったそうです。

 

外反母趾に限らず、体にとっては異常な状態になるわけですから無理な負担は避けたいものです。

 

主な症状を4つ紹介させていただきましたが、小さいサイズの靴を履き続けることは、精神的にも身体的にも負担が大きく、メリットになるようなことがないので、どんなにデザインが気に入ったとしても、履くのは辞めたほうが良さそうですね^^

 

スポンサードリンク




靴が小さい時の対処法は?自分でできる直し方を紹介

靴が小さいことに問題があるのは分かったことと思います。

 

そうなると、靴が小さい時の対処法はあるのか気になりますよね。

 

では、順番に見ていきましょう^^

 

ジップロックに水を入れて靴を伸ばす



出典:https://megradisa.wordpress.com/

 

家にあるもので簡単にできる方法がジップロックに水を入れて靴を伸ばす方法です。

 

まずは、ジップロックに水を4分の1程度入れて、上の写真のように靴の中に入れて、そのまま冷凍庫の中へ靴ごと凍らせます。

 

ジップロックの中の水が凍ったら冷凍庫から取り出し、今度は解凍させます。

 

解凍する目安は20分ほどで、時間が経ったらジップロックを取り出し、靴についた水滴を取り除いてあげれば、思いのほか靴のサイズが大きくなります。

 

ぜひ一度、お試しあれ^^

 

スプレーで素材を柔らかくして靴のサイズアップ

Amazon 楽天市場
 

革靴の革を柔らかくするスプレーで、きつくて小さい部分に内側からスプレーで噴射してすぐに靴を履いて、歩きながら革を伸ばすことができます。

 

1回で十分伸びない場合は、数回繰り返すことで自然に伸ばすことができる優れものです。

 

シューストレッチャーで靴のサイズアップ

Amazon 楽天市場
靴の中に入れてハンドル部分を回すとシューストレッチャー開いて伸びるので、靴のサイズを大きく調整してくれます。

 

先程のスプレーと一緒に合わせて使うとより効果的になります。

 

ポイントストレッチャーで靴のサイズアップ

Amazon 楽天市場
拡張器「ポイントストレッチャー」は先程のシューストレッチャーと似ていますが、こちらは部分的にサイズを大きくしていくものになります。

 

シューストレッチャーだと全体を大きくしてしまうので、場合によっては縦と横のバランスが合わない可能性がありますが、ポイントストレッチャーであれば、部分的に調整できるため、ぴったりサイズに合わせやすいです。

 

こちらも、先ほどと同様にスプレーと一緒に使うとより効果的にサイズ調整できます。

 

靴を修理に出してサイズを合わせてもらう

自分で修理するのが面倒で大変だと思う場合には、靴の修理専門店に行って修理してもらうというのもひとつの方法です。

 

自分で修理してうまく行かなかったり、スプレーや専門道具を買うぐらいなら、専門の業者に任せた方が良いと言う人には、確実に修理してもらえるので安心感が違いますね^^

靴の修理に[MISTER MINIT]クーポン

 

最後に

どの方法を試してもうまくいかない、あるいはお金をかけてまでと思うのであれば、靴を処分して買い換えるしかありません。

 

もったいないかもしれませんが、履けない靴をいつまでも置いといても収納スペースを奪ってしまいますから、靴のサイズのあう友達にあげたり、リサイクルショップに持っていったり、ヤフオクやメルカリに出品してみるのが良いと思います。

 

そして、新しい靴を買う、あるいは靴はやめて、バッグを買う(笑)でも良いと思いますよ^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す