言霊の威力を侮るな!言葉のひとつでよくも悪くもなる!?

この記事は約 4 分 で読むことができます。

「言霊」と呼ばれるように日本では古くから言葉には力が宿ると言われています。

 

普段発している言葉が、様々なものに影響していたりします。

 

ですから、「心にもないことを言うんじゃないよ」とも言われたりします。

 

言葉の力ってそんなに大きなものなのでしょうか。

 

スポンサードリンク




 

言霊の威力を侮るな!



確かに喧嘩などになると、売り言葉に買い言葉で普段思ってないことまで言い過ぎて終止符がつかずに喧嘩が悪化してしまった経験が一度や二度あるのではないでしょうか。

 

どうしてあんなことまで言ってしまったのだろうと後で後悔することもしばしばありますよね。

 

さらに言葉の力だけで会社を簡単に潰すことだって可能です。

 

例えば、業績の良い会社であるとします。

 

ですが、その会社の社長が毎日、「我が社はもうダメだ。今にも潰れる。それはお前ら従業員がバカばっかりだ!」と毎日罵倒を浴びせ、侮辱するようなことばかりを言い続けていたらどうなるでしょう。

 

ねっ!簡単に会社を潰すことができると実感できますよね。

 

言葉のひとつでよくも悪くもなる!?だから感謝の言葉を言おう!

スポンサードリンク




 

でもその一方で、良い方向に導く言葉なら心に思っていなくても積極的に言ったほうが良い場合もあります。

 

ですが、お世辞になってしまうと、それもまた相手に見透かされてしまい逆効果になります。

 

心に思ってから口に出せれば、言霊が宿り言葉に力が出てくるものですが、苦手な相手や嫌いな相手には、それを待っていたらいつまで経っても言えないでしょう。

 

そのような相手には尚更、心には思っていなくても口に出してみるのは効果的です。

 

その時に掛ける言葉は「感謝しています」が良いそうです。

 

さらに笑顔で声をかけると効果的ですよね。

 

「おはようございます。感謝しています。」

 

「おはようございます。」だけだと、意外と挨拶がかえってこないという経験はあるのではないでしょうか。

 

大人のマナーとしてどうなの?と思う部分もありますが、挨拶をして返されないと言うのはこんな気持ちになるんだというのを、ある意味で言えばその人から教えてもらっているわけです。

 

そう思えば、それを教えていただけたことに自然と感謝の気持ちが生まれてきませんか(笑)

 

それに気難しい人の心をこじ開けられれば、それはそれであなたの魅力が広がったと言うことにもなります。

 

だから、「何だあいつは!」と思っていたかもしれませんが、挨拶ができないと嫌な気持ちを感じさせてくれることに感謝。

 

また、挨拶を返されたことにもお互いに嬉しい気持ちになれてそれもまた感謝。

 

良いサイクルが生まれてくる気がしませんか?

 

普段から感謝の気持ちでいれば、雨が降ったって「ついてないな~。出かけるのはやめようかな。」と何もしないで一日を過ごすのよりも、

 

「今日は雨が降っているから恵みの雨に感謝だね。それにこの前買ったお気に入りの傘で出かけられるね。」と出かけられます。

 

心弾んだ気持ちで出かければ、態度にだってそんな様子が伺えます。

 

素敵な出会いだってあるかもしれません。

 

最後に

たったひとつの言葉を変えるだけで、毎日の過ごし方が変わってきます。

 

「言霊」の力を実感するためにも、今からでも家族に感謝の言葉を伝えてみても良いかもしれませんね^^

 

そうは言っても、言葉を変えるだけでは人生簡単には変わらないよ!と思うのであれば、それはこれが原因しているかもしれませんね。

⇒ ホメオスタシスと完璧主義者の共通点!三日坊主で良いじゃないか!

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す