臆病って本当にダメですか?考え方次第で武器にだってなる!

この記事は約 3 分 で読むことができます。

自分が本当にやりたいことでも、親や周りの人間からは無理だよと言われていると本当のことを話せなくなります。

 

それがずっと続くと臆病になっていくのですが、臆病は何も悪いことではありません。

 

臆病の人からしてみたら、度胸のいい人は堂々としていて羨ましく感じてしまう部分ってありますよね。

 

ですが臆病さを持っているということは、すごく良いことなんです。

 

スポンサードリンク




 

臆病って本当にダメですか?



度胸のいい人は堂々としていて羨ましく感じてしまうかもしれませんが、会社が潰れたらどうしようとか、うまくいかなかったらどうしようなどという観念がありません。

 

臆病がダメなことと思ってしまうと、色々なことに我慢するしかありませんが、見方を変えれば、臆病さを活かせば成功だってできます。

 

臆病になった原因に、親や周りの大人や友達などの影響があって「できない」と蓋をされたのかもしれませんが、その蓋を押さえ続けているのは自分自身かもしれませんね。

 

もしかしたら、自分は臆病でダメな人間だから出来ないんだ!と思っていた方が、良いと無意識下では思っているのかもしれませんね。

 

こんな言い方をすると、アドラー心理学的な表現になってしまいますが(笑)

 

それに、親ができないと言ったのは学校の勉強の時の話だったりします。

 

大人や世間の常識では、学校の成績が悪いと「ダメな人間」だとレッテルを貼られてしまいますが、世の中ってそうじゃないですよね。

 

会社を経営している社長って、子供の頃に成績優秀だった人達だけですか?

と、聞かれれば、そんなことないですよね。

 

むしろ、会社を経営している社長って意外と、逆のタイプが多かったりしませんか^^

 

成績優秀なエリートだった人達は独立起業を目指すよりも、給料が高くて安定している公務員や大手企業に就職をしていたりなど、人それぞれですよね。

 

それに計算が出来なければ、電卓を買えば良いでしょうし、計算の仕方が分からなければ、分かる人に聞いたり、やってもらえば済むだけの話。

 

数学が苦手でも、数学ができるようになるように教えようとする世の中ですが、本当にやり続けていたら人生が終わってしまいます。

 

体が小さくて骨格的にも早く走れない体質の人が、100mでボルトに勝てと言っているようなものです。

 

人にはそれぞれ向き不向きがありますから、苦手なことは最低限のできるところまでにしておいて、得意なことを伸ばしていったほうが、社会に役立てることが増えます。

 

臆病がほんとうにダメなのは何もしないこと

スポンサードリンク




 

本当にダメなのは、電卓も買わなければ、人にも相談しないで放ったらかしにしている人の事を言うのではないでしょうか。

 

出来ないなりに出来ることを考えて対処していけば何とかなるものですが、何もしなければ、本当にダメな人生を自ら引き寄せてしまいます。

 

臆病で不安だらけだったら、ひとつひとつ対処して解決していけば、安心して作業を進めることが出来ます。

 

臆病だからこそ、先行きが見通せるのだから臆病だって、素晴らしい才能のひとつだったりするわけです。

 

できないから躊躇するのではなく、一歩前に足を出してみれば必ず前進します。

 

あとは、それに自惚れるのではなく、謙虚に人から好かれるようになれば、世の中ってうまくいくものです。

 

最後に

あの人から物を買いたいとお客さんから思われれば、それは勝ちと言えますよね。

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す