速度違反取り締りのはずのオービスにはなぜ手前で看板で知らせるの?

この記事は約 4 分 で読むことができます。

自動車を走らせていると、高速道路や公道に「オービス」と呼ばれる自動速度違反取締装置が設置されているのを目にしたことがあると思います。

 

オービスの前には必ず「速度取締中」や「自動速度取締機設置路線」などのスピードの取り締まりを警告する看板が、最低でも2箇所は設置されています。

 

それでもオービスに気づかずに車のスピードを出しすぎて、オービスのカメラが光って通知が来たという人もいるかと思います。

 

でもなぜ、手前にわざわざ警告看板を設置して知らせてくれるのかご存知でしょうか?

 

スポンサードリンク




 

速度違反取り締りのはずのオービスにはなぜ手前で看板で知らせるの



実は、他の法律に抵触することの無いようにするために警告看板が設置されています。

 

オービスは無人で自動的に速度違反者を撮影するにシステムですが、スピード違反者ではあっても、無断で撮影するのは肖像権やプライバシーの侵害をすることになるからです。

 

それに、同乗者がいれば尚更のことですから、もし事前に知らせることがなく無断で撮影されたものなら、逆に訴えられかねません。

 

また、過去の最高裁判所の判例では、撮影自体は違法ではないそうです。

 

ですが、オービスなどで撮影した写真をスピード違反の証拠として採用するためには、撮影の「事前告知」と「犯罪行為の瞬間の撮影が必要」とされています。

 

そのため、事前に警告する看板が設置されているんですね。

 

と言うことは、オービスの前には必ず2か所は看板が設置されているので、看板にさえ気づけば、スピード違反で取り締まりを受けることがなくなるので、設置場所を把握して、その区間だけスピードを落とせば大丈夫なんてことをしなくても良いわけです。

 

と言うような考えではダメですよ!

 

初めから安全運転で走行することが、自分だけでなく周りにいる人やすれ違う車、環境にも優しいですよね。

 

とは言っても、道路によっては知らず知らずのうちにスピードが出ていたという事もあるかもしれませんが、とにかく安全運転です。

 

また、当然ですが、白バイやパトカーなどの現行犯では言い逃れができないのですからね(笑)

 

オービスの速度違反は何キロオーバーで作動するの?

スポンサードリンク




 

安全運転を心がけている人には無縁の話ですけど、それでもオービスが速度違反で作動するのは何キロオーバーなのか気になるものです。

 

実際に試してみれば分かる話ですが、そんなの勇気でも何でもありませんよね(笑)

 

では間接的に体験してみましょう(笑)

 

 

間接的にみるとこんな感じになります。

 

動画を見ると分かりますが、意外と臨場感がありますね。

 

多少のスピードオーバーは誰でも経験あるかと思いますが、突然のオービスに気づいてびっくりなんて事もあるかと思いますが、それでもオービスが作動して光って写真を撮られたと言うのは、そうそうあるものではありません。

 

結構スピード出してたけど、壊れてるのかな?それとも、作動していないのかな?など思ったりしたことと思います。

 

無人式のオービスには、悪質な速度違反者を取り締まる速度で作動すると言われています。

 

つまり、オービスが光ったら、一発免停です。

 

ですから、オービスが作動する速度は一般道では30キロオーバー、高速道路だと40キロオーバーだと言われています。

 

じゃあ、それ以下で車を走らせれば大丈夫なんだね!みたいなことは思わないで下さいね。

 

スピード違反は大変危険ですし、事故でも起きようものなら、自分だけでなく色々な人に迷惑がかかります。

 

例え自損事故だとしても、ガードレールにぶつけた場合は誰が直すの?

 

家族にだって迷惑をかけます。

 

そこまでして急ぐ理由ってあるの?
と考えれば、そんな理由はまず無いと思います。

 

最後に

オービスが光って写真を撮られたら最後。

 

それは一発免停なので、罰金も最大で10万も支払わなければならず、免許停止期間も最低でも30日間、過去3年間の違反回数により最大で180日間と、かなり重い処罰を受けなければなりません。

 

特に通勤や仕事で車を必要としている人には、車の運転が出来ないというのは致命的な問題になると思います。

 

そうなってしまうと、自分だけでなく家族や仕事仲間などに多大な迷惑をかけることになりますから、やはり常日頃から安全運転を心がけるようにしたいですね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す