幼稚園や保育園で友チョコのお返しどうしてる?みんなの対処は?

この記事は約 4 分 で読むことができます。


今ではバレンタインデーの日に「友チョコ」のやりとりに
幼稚園や保育園でもするようになってきていますが、
子供が友チョコを貰って帰ってきて、困ったことはありませんか?

友チョコにあまり縁のなかった私達ママ世代には、
準備していないので、返さないわけにもいかず
正直、頭の痛いイベントと思っていることでしょう。

そんな友チョコ事情にみんなはどう対処しているのかを
紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク





幼稚園や保育園での友チョコをもらった時の本音!

幼稚園や保育園にまで友チョコを持ってきて渡すのはどうなのかと
疑問を持つ人は多いと思います。

実際に幼稚園や保育園では、友チョコに限らずイベントのものや
お菓子やおもちゃなどを持ってくるのは、自粛するようにと
なっているところが多いですが、あからさまでなければ、
黙認しているというのが実情ではないでしょうか。

それに友チョコを持ってくる子どもって、
本人の意志で友チョコを渡すというよりは、
バレンタインなどイベント好きなママ友が
子どもに持たせて渡しているのが大半です。

良識ある人だと、当然仲の良い友達でも、
友チョコなんて用意していませんから、
その場で渡すことができずに困ってしまうんですよね。

悩む女性

結局のところ、友チョコを渡すという行為は、
園児同士のやり取りというよりは、ママ友関係のやり取りなので、
面倒ですし、気を使うので負担を感じていると思っているようです。

幼稚園や保育園での友チョコのお返しはどうしたらいい?

とは言え、もらったらお返しをしないといけないよね!とも思いながらも、

「いつお返しをしたら良い?」

「値段はいくらぐらいのもの?」

「何をお返ししたら良い?」

など、色々と悩んでしまうものです。
なので、ひとつひとつどう対処して行ったら良いのか一緒に考えましょう。

スポンサードリンク





友チョコのお返しのタイミングはいつが良い?

バレンタインの日に友チョコをもらっているので、
お返しにはやっぱりホワイトデーなのかなと思いますよね。

ホワイトデーにお返しでも良いですが、
子どももまだ小さいので、バレンタインだから友チョコを渡す、
ホワイトデーだからお返しがもらえると分かっている子どもは
少ないと思います。

あなたのお子さんが男の子の場合だと、
ホワイトデーにお返ししても良いでしょうが、
女の子の場合や男の子でも、もらった翌日に
お返しをしてしまっても大丈夫だと思います。

先ほど言ったように、子供たちにはしっかりと理解できていない子が
ほとんどでしょうから、ホワイトデーまで待てないですし、
もしかしたら忘れちゃっているなんてこともあります。

ただ、このやり取りは、子どものやり取りというよりは
ママ友間のやり取りでもあるので、状況を見て判断するのが
良いと思います。

ママ友

友チョコのお返しの値段の相場は?

友チョコのお返しは、もらったものと同じ程度のものを
返すのが良いと思います。

友チョコなので、本当にちょっとしたものを渡されると思うので、
金額的にも100~300円程度のものが相場になっていると思います。

友チョコのお返しには何をお返ししたら良い?

同じようにチョコレートやクッキー、キャンディー、マシュマロ
などが定番ですが、最近では「ラスク」も人気があります。

また、手作りで友チョコをもらった場合には、
同じように手作りで返さないといけないのかなと思いますが、
人によってはそういうのは苦手と言う人だっています。

そういった場合には、
別に手作りじゃなく、市販品のもので充分です。

市販品をラッピングしてあげれば、雰囲気も出ますから、
100均などで揃えて、自分のできる範囲で充分ですよ^^

袋

最後に

友チョコの交換とは言っても、ママにとっては面倒な一面ばかりが
目立つかもしれませんが、子どもたちからしてみると嬉しいものです。

ですが、私の息子も友チョコをもらった経験があるのですが、
卵、牛乳、小麦のアレルギー持ちのため、チョコレートや
クッキーやマシュマロなど食べられないので、もらっても

「僕、食べられないんだよね?」

と、嬉しいはずが逆に悲しいイベントになってしまったんですよね。

その後、息子が食べられるお菓子を買ってあげたんですが、
やっぱり本人には違うんですよね。

そんなことから、
渡したい気持ちはわからないでもないんですが、
アレルギー体質で食べられない子どもだっているので、
もう一歩先のことを考えて行動して欲しいというのが私の本音です。

そんな息子も、やっと最近になって
小麦だけは食べられるようになり、
初めて食べたフランスパン、うどん、スナック菓子など
本当に嬉しそうな顔をして食べたあの姿が今でも忘れられませんね。

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す