ウエストがきつい!スカートやズボンを今すぐ履ける裏ワザ!

この記事は約 4 分 で読むことができます。

入学式や卒業式、結婚やお葬式など
普段は着ないスーツやスカート。

いざ履こうと思ったら、ズボンやスカートがきつくて入らない!?
と、焦った経験はありませんか?

しかも気付いたのが、前日の夜だったりすると
もうどうしようもありませんよね。

そんなピンチな状態でも、
きつくて履けないスカートやパンツなどを
今すぐ履ける裏技を紹介したいと思います。

スポンサードリンク





ウエストがきついスカートやズボンを今すぐ履く裏ワザ

こういった事って、前もって準備しておけばよかったと
いつも思うものですが、ギリギリになって準備するから
そうなるんですよね。

ハイ、それ、私のことです(笑)

ズボンが・・

とは言え、後の祭りなので、
何とかしないといけないですよね。

いくつか方法があるので紹介します。

自分で縫い直す

実はズボンやスカートなどはウエスト部分を直すことができます。

ズボンやパンツなどは後ろ側の縫い目の部分から
サイズ直しをすることができ、数センチアップが見込めます。



少し手間はかかるでしょうが、体型がそのままの状態であれば、
その都度、直す必要が無いので、後々の事を考えるとラクですね。

ですが、ダイエットに成功して、元の体型に戻ってしまった場合には、
緩くなっていまうので、またサイズ直しが必要になってしまいます。

また、スカートで
サイズが大幅に変わってしまったと言うのであれば、
マチを入れることでゆとりを持ってサイズ変更が出来ますが、
その前に「気づけよ!」とツッコませてくださいね^^



マチを入れる場合は、慣れた人じゃないと難しいですし、
もし痩せて元の体型に戻ったら、嬉しいことですが、
スカートを元に戻すのはもっと大変になってしまいます(泣)

時間とお金に余裕があるのでしたら、
洋服の仕立て屋さんなどにサイズ直しを
お願いしてみるのが1番良いかもしれませんね^^

下着を変える

女性の方でしたら、補正下着やガードルを持っている人も
多いと思います。

そんな方は、今すぐ引い出しから取り出して下着を変えましょう。

圧迫されて苦しいかもしれませんが、
パンツやスカートが履けないよりはマシですし、
これを機に挫折していたダイエットに再チャレンジしてみるのも
良いかもしれませんよ^^



アイテムを使う

何とかスカートやパンツを履くことが出来ても、
ボタンが留められないなんてこともありますよね。

そんな時には、チャックを閉められるところまで上げて、
安全ピンで止めたりする方法もあります。

ですが、強い力がかかるとピンが外れて針が刺さったりすることも
あるので、危険もあります。

他にはマジックテープやヘアゴムなどで止める方法もありますが、
抑える力は安全ピンよりも弱いので、
一時的な対策で、何度も調整をし直す必要があります。

スポンサードリンク





ところが、
これらの弱点をすべて解決してくれる便利なアイテムも今はあるんですよね。

その商品は「ミニノビル」と言うのですが、
3センチ程度であれば、履けなくなったスカートやズボンが
ボタンのところにうまく引っ掛けられる便利アイテムです^^


スカートが履けない時の裏ワザ

ボタンが留められないというのなら、まだマシ、
それどころか太ももから上に上がらないと言うことだってありえます。

そんな時には諦めるしかありませんよね?

ところがどっこい、
まだスカートが履けるかもしれない「裏ワザ」を紹介します!

諦めるのはまだ早い!?
1.スカートに両足を通す
2.立ったまま足をクロスさせる
3.足をクロスしたまま身体を前に45度傾ける
4.そのままの状態でスカートを上に上げる



ダメ元でも試してみる価値は十分にありますよ。

ただし、履けたからといっても、
サイズはやはりきつくなっているので、
長時間は圧迫されて辛いですし、無理な動きをすると
おしりから「ビリっ!」ってなってしまうので、細心の注意を!

最後に

普段着ない服だから、いざって時に着てみると
サイズが合わないと言うのは仕方ないことかも知れませんよね。

どうせなら、ブカブカで着られないよ!
って方を望みたいですが、現実は反対で
きつくて履けないよ!
なんですけどね(笑)

また、前もって準備しておけば、
慌てることもなく対処できるのですが、
ギリギリではどうしようもありませんよね。

これ全部、私のことなんですが(笑)
今すぐできる応急処置の方法について紹介させて頂きました。

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す