クリスマスにサンタさんの正体はいつまで子供に黙っておく!?

この記事は約 4 分 で読むことができます。

お子さんのいるご家庭では、クリスマスの時期になると、子供の欲しいプレゼントをさり気なく聞いて準備していることと思います。

 

子供が小さいうちは、クリスマスプレゼントはサンタさんがくれるものと言うことに何の疑いもなく信じてくれますが、成長と共にサンタさんの正体を勘ぐってきたりするものです。

 

そうなると、サンタさんの正体について、「いつ」子供に伝えればよいのか悩んだりしませんか?

スポンサードリンク




クリスマスのサンタさんの正体は誰?

もし、この記事を読んでいるあなたがサンタさんの正体を知らないのであれば、これから先を読み進めることをオススメしません。

 

今すぐに、このページから離れてくださいね(笑)

 

%e3%81%9d%e3%82%8a

 

それで、
サンタさんの正体は大抵の場合、お父さんが演じるとは思うのですが、実際にところ、子供が眠ってる間にプレゼントをそっと寝床に忍ばせてあげるだけなので、サンタさんの格好をして子供と接することは無いかと思います。

 

なので、一般的には一緒に住んでいる両親と言ったほうが適切かもしれませんね。

サンタさんの正体はいつまで子供に黙っておくべき!?

サンタさんの正体はいつか子供にバレてしまう時が訪れるものですが、いつまで隠しておけば良いのか悩んでしまいますよね。

 

では、いつサンタさんの正体を子供に教えてあげればよいのか(隠し続ければ良いのか)?になると思います。

 

色々な方の意見を聞いてみると、一番多いのが

 

「小学6年生まで」サンタさんの正体を隠しておくと言うのが最も多いようです。

スポンサードリンク




 

さすがに、小学生でも高学年になってくると、何となくですが、家には煙突もないのに、さらには鍵もかかっているのにどうやって家に入ってプレゼントを置いていったの?などの矛盾に気づき始める年頃ですが、まだまだごまかしが効く年齢でもありますよね。

 

それに、友達に上の兄弟がいたりすると、サンタさんの正体をバラしてしまう子供もいるようなので、そういった状況から小学生の間までサンタさんのことは秘密にしておくというのが一般的のようですね。

 

中には、高校生でも「信じ続けていれば、サンタさんはプレゼントを渡しにやってくるんだよ!信じていない子供のところには来ないんだよ!」などと親の言葉にサンタさんの存在を信じている子供も一部いるようです。

 

それはそれで、素敵なことですからいつまでも信じ続けさせてあげるのも良いかもしれませんね^^

 

一方で、「サンタさんの存在は初めからいない」と、伝えている家庭も少なからずあるのも現実のようです。

 

実は、私の育った家庭では貧乏だったというのもあり、サンタさんは一度もプレゼントを届けに来たことはありませんでした。

 

一応、クリスマスプレゼントは貰えましたが、自分も親になって子供を持つとメルヘンチックな夢を持たせてあげるのも良いことかなと思い、我が家では子供たちにはサンタさんがいると今現在では信じています。

 

もし友達からなど、サンタさんの正体が誰なのかバレてしまっても、小学生の間には「きっとそのお友達は勘違いしているんじゃないのかな?」「きっとそれは偽物のサンタさんだったんじゃないかな?」などとごまかしたりすれば良いと思いますよ。

 

また、サンタさんの正体が本当にバレてしまったとしても、それは優しい嘘ですから、子供にとっても理解できるでしょうし、クリスマスプレゼントは引き続き贈ってあげれば子供も納得するはずです。

 

その時にクリスマスやサンタさんの由来など子どもに伝えてあげても良いかもしれませんよ^^

⇒ クリスマスの由来を子どもにサンタクロースなど簡単に伝えるには?

 

それに、率直に欲しいものも聞けますからね(笑)

⇒ クリスマスプレゼント【楽天市場】

最後に

各家庭のによってサンタさんの正体についてはそれぞれあるようですが、サンタさんのいなかった子供時代の私は、サンタさんを信じている友達が羨ましく思ったこともあるので、「やっぱりサンタさんは本当にいる!」と、ある程度の年齢までは黙っておくのが良いのかなと思います^^

 

それでは、素敵なクリスマスを迎えられますように^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す