クリスマスの由来を子どもにサンタクロースなど簡単に伝えるには?

この記事は約 4 分 で読むことができます。

子どもにとってはクリスマスは楽しみな一大イベントですよね。

 

クリスマスツリーやリースの飾り付け、あるいはイルミネーションなど気分はとても賑やかになります。

 

また、クリスマスケーキにチキン、最後はサンタさんからのクリスマスプレゼントと楽しみが盛り沢山です^^

 

ところで、
子どもがいるご家庭で一度は必ず質問される言葉!

「ねえ、どうしてクリスマスはお祝いをするものなの?」
「サンタさんは、どうしてプレゼントをくれるの?」

など、クリスマスにまつわるエピソード!

 

何となく、クリスマスの日はキリストの誕生日でと言うことは分かっていても、いざ子どもに聞かれると案外、言葉が詰まるものです。

 

そこで、子どもにも分かりやすくクリスマスの由来やサンタさんのことなど、どう説明したら良いのかについてお伝えします。

 

スポンサードリンク




 

クリスマスの由来を子どもに簡単に伝えるには?

クリスマスの日はキリストの誕生日と思っている人も多いかと思いますが、本当のところは誕生日ははっきりと分かっていないらしく、キリストと言う神様が人間の世界に舞い降りてきた日が12月25日と言われているそうです。

 

正確には、北半球では12月は冬至を迎えるので、1年の中で昼が最も短くなる時期でもあり、一方で太陽がふたたび力を取り戻す時期でもあります。

 

そこで、時のローマ皇帝アウレリアヌスが冬至とは少しズレますが、12月25日を太陽神の誕生日と定め、イエス・キリストは「正義の太陽」や「世の光」と呼ばれていたことから、4世紀の当時の教会がイエス・キリストの誕生を祝う日とされています。

 

「Christmas」とは「Christ」はキリストを表し、「mass」はミサを表しているんですね。

 

なので、カトリックの信者はご存知かと思いますが、クリスマスとはキリストへの礼拝の儀式の意味が込められています。

 

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%82%b9%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%9f%e3%83%8b%e3%83%81%e3%83%a5%e3%82%a2

 

また、クリスマスを楽しむのもクリスマスイヴの日に楽しむ人も多いと思いますが、「Eve」はイブニングを表し、日本語に直訳すると「夜や晩」を意味します。

 

そして、ユダヤ暦では一日の始まりが日没からなので、元々のクリスマスも前日のイヴの日から祭典が始められたことから、クリスマスイヴの日にお祝いをするのは間違いでは無いんですね^^

 

スポンサードリンク




クリスマスの由来でサンタクロースはいったい誰?

次に気になるのが世界中の子供たちにプレゼントを配るサンタクロースについてですが、サンタさんは誰だと思いますか?

 

キリスト?
それとも他の誰か?

 

実のところは、サンタクロースはアメリカの企業コカ・コーラ社が広告で使われたことが発端だと言われているそうです。

 

コカ・コーラのイメージカラーがそのままサンタさんの赤い服を象徴しているとも言われているそうです。

 

ですが、そんな子供の夢を壊すようなお話はとてもじゃありませんができないですよね。

 

%e3%81%9d%e3%82%8a

 

ただ、サンタクロースの煙突に入ってプレゼントを贈るというのがイメージにあると思いますが、そのモデルとなった人物がいるのも事実なんですね。

 

どの人物が「聖ニコラオス」という人で、キリスト教の司祭になる以前から、貧しい人や困っている人の助けるために自分の持ち物や金貨などを渡して(煙突の中に投げ込んだりして)人助けをしていたそうです。

 

また、キリスト教の司祭の服が赤色だったというのもあって、こじつけ感はありますが、今に至るということです。

 

最後に

クリスマスを盛大に祝うようになったのは、元々は企業による商業戦略によるものであるのは間違いではありませんが、世界的に火付け役になったのは、先ほどお話したようにコカ・コーラ社によるアメリカが発端になっています。

 

私たちは、その戦略に乗せられている一面があるのも確かですが、子供の喜ぶ顔が見られるのであれば、それはそれで喜ばしい限りだと思います。

 

よろしければ、こちらの記事もご覧になってはいかがでしょう^^

⇒ 子どもにクリスマスのサンタさんの正体はいつ伝えたら良い!?

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す