おせち料理の由来や意味はあるの?いつ食べるのが良いの?

この記事は約 5 分 で読むことができます。

お正月に食べるものと言えば「おせち」を思い浮かべると思います。

 

最近ではご家庭で作るという方もいますが、スーパーやコンビニや通販などで購入する方も多いのではないでしょうか。

 

ところで、おせち料理はなぜ「おせち」と言うんでしょうか?

 

また、お正月どうしてだけにしか食べないんでしょうか?

 

と、
気になりだしたら色々と気になることが出てくると思いますので、今回はおせち料理の由来や意味やいつ食べるのが良いとされているのかについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

おせち料理の由来

%e3%81%8a%e3%81%9b%e3%81%a1%e6%96%99%e7%90%8607

 

おせち料理はもともと季節の変わり目の節句のたびに神様をお迎えするために作られたものだそうです。

 

ですから、神様にお供えするための料理であって本来はそのままでは食べられない乾物であったり、高盛りになったご飯などいくつかの説があるようです。

 

で、ですね、
おせちの由来は節句から来ているのですが、その節句は中国から伝わったとされています。

 

節句には5つあります(五節句)

・1月7日 人日の節句(じんじつ)
・3月3日 上巳の節句(じょうし・じょうし)
・5月5日 端午の節句(たんご)
・7月7日 七夕の節句(しちせき・たなばた)
・9月9日 重陽の節句(ちょうよう)

 

古代中国では奇数が重なる日を縁起の良い日とされていますが、1月1日(元旦)を別格として、7日の人日を五節句(五節供)に入れています。

 

1月7日は正月の最後の日で別名で「七草の節句」とも呼ばれ、七草がゆを食べる風習は今でも残っていますよね。

 

そしておせち「御節供(おせちく、おせつく)」や「節会(せちえ)」の略で、
奈良時代には朝廷内で節会(せちえ)として行われ、そこで供される供御を節供(せちく)と言ったそうです。

 

ですから、元々は五節会ですべてのお祝い料理のことをおせちをと言っていましたが、時が経つに連れて新年を迎えてめでたいとされるお正月料理を「御節(おせち)と呼ぶようになったそうです。

 

スポンサードリンク




おせち料理の意味

おせち料理は縁起の良い食べ物だと言われていて、たくさんある種類の中にひとつひとつ意味が込められているのは、何となくは聞いたことがあってもよく分からなかったりするものです。

 

では、順番におせち料理の意味について紹介しますね。

%e9%87%8d%e7%ae%b1

 

おせち料理は重箱に詰められて何段にも重ねられていますが、これは「めでたさを重ねる」という意味が込められています。

 

重箱は上から順番に「一の重」「二の重」「三の重」「与の重」「五の重」と呼びますが、「四」だけが「与」になっているのは、「四」は「死」を連想させることから新年早々縁起がよくないので、「与」という字が使われています。

 

また、それぞれのお重には入れるものが決まっています。

 

【一の重】祝い肴

重箱の蓋を開けると一番最初に目にするのが一の重の料理です。

 

これは祝い肴と呼ばれ、神様へのお願い事が込められた縁起物が入っており、子宝や子孫繁栄を願った数の子、食べ物に困らない豊年豊作を祝った田作り、黒く日焼けするほど働きまめに暮らせるようにと語呂合わせからという説のある黒豆、しっかりと根を張って安泰に暮らせるように願ったきんぴらごぼうなどです。

 

【二の重】口取り、酢の物

二の重は「口取り」と言うもので、日の出を象徴して紅はおめでたさを、白は神聖なもの意味した紅白かまぼこ、巻物を意味し、学問成就を願った伊達巻、金運が上がり、家庭が豊かであるように願いを込めた栗きんとん
などが詰められています。

 

【三の重】焼き物

三の重の焼き物には、焼き魚を意味し、出世を願って出世魚の代表であるブリやおめでたさを意味するであったり、腰が曲がるまで長生きできるようにと願いを込めたエビなどが詰められています。

 

【与の重】煮物

与の重には山の幸を使って煮物(お煮しめ)は野菜の具材が家族に例えられて喧嘩することなく、仲良く結ばれるようにとの意味が込められています。

 

野菜ひとつずつにも意味が込められていますが、それはまた別の機会に紹介したいと思います。

 

【五の重】空っぽ

五の重には何も詰め込みません。

 

これは、年神様から授かった福を詰め込む場所で、空きがなかったら福を詰め込められませんよね。

 

また、余地があるということで将来の発展を意味しているとも言われています。

 

おせち料理はいつ食べるのが良い

ここまでお話をしていくと、おせち料理は1月1日の元旦に食べるのが一般的とされているのですが、北海道や東北などでは大晦日の日におせち料理を食べたりするので、各々の出身地や風習によって多少の違いがあるようです。

 

なぜ一部の地域では大晦日の日のおせち料理を食べるのかというと、大晦日は別名「年取りの晩」と言われ、子供たちが来年は1才大人になることを祝って大晦日におせち料理を食べるのだそうです。

 

と言うよりも、おせち料理の本来の食べる日は大晦日の夜の日に食べるものだったそうなので、伝統に沿った食べ方をしているとも言えます。

 

それが、新年を迎えてからおもてなす料理となり、その名残から大晦日の日には年越しそばで代用するようになったそうです。

 

それで、お正月には何を食べるのかというと、「お雑煮」なんだそうです。

 

ですが、おせち料理は保存食でもありますし、種類も多いですから一日で全部は食べきれないでしょうから、大抵の人は次の日に持ち越されるのではないでしょうか^^

 

最後に

おせちって調べてみると、本当に奥が深いですね。

 

おせちと一言で言っても色々なものが絡んできますし、細かく見ていくととてもとても語りきれないほどのものですが、機会があればまたまとめてみたいと思います。

 

でもおせちって手間のかかる料理で華やかなのに子供には不評というところが、何とも言えない面白さがありますよね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す