おせち料理の中身の意味について!一の重の祝い肴の種類は?

この記事は約 5 分 で読むことができます。

お正月にはおせち料理をいただくというのが主流ですが、元々は大晦日の夜に食べるのが日本の伝統だったそうです。

 

今でも北海道や東北では大晦日の日に食べる地域もあり、各家庭や風習により違いはありますが、おせち料理の中身の具材も同じように違っていたりします。

 

おせち料理の具材には、食べると縁起の良いものとされていて一品一品にその意味が込められているんですね。

 

今回は、おせち料理の中身の縁起の良いものとされる食べ物の意味についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

おせち料理の中身の意味

おせち料理のことについてはこちらの記事にもまとめてあるのですが、今回は食材についてさらに詳しく紹介していきます。

 

参考までに前回のまとめ記事はこちらです。

⇒ おせち料理の由来や意味はあるの?いつ食べるのが良いの?

 

おせち料理は重箱に詰められていますが、本来は五段重なのですが今の時代、五段重に詰められているのはあまり見かけないものだと思います。

 

主流は三段重に詰められているので、まずは重箱に詰められているものについてです。

 

まず1段目(壱の重)には、「祝い肴」「口取り」が詰められています。
2段目(二の重)には「焼き物」「酢の物」が詰められています。
3段目(三の重)には「煮物」が詰められていえうのが一般的です。

 

祝い肴の種類と意味

祝い肴には3種類あります。地域によっては4種類です。

 

黒豆の意味と由来

%e9%bb%92%e8%b1%86

 

黒豆には健康で長生きができるように言う願いと、厄除けの意味が込められています。

 

中国三大宗教のひとつである道教では、黒色は魔除けや邪気を祓う色とされていて邪気を祓うことで不老長寿をもたらすとされています。

 

また、豆には魔を滅するという意味合いが込められています。
節分の時に鬼を退治するのも「炒り豆」ですよね。

 

参考までに節分豆が炒り豆であるのは、生豆だと成長したりすると、縁起が良くないとされており、炒ることで封印の意味が込められているそうです。

 

一方で長寿と健康には、黒く肌が焼けるまで一生懸命(まめ)に働き、まめに暮らせるようにとの語呂合わせも含まれているそうです。

 

ちなみにですが、
黒豆の煮方には関東ではシワシワになるまでじっくりと煮込みますが、これは「シワがいっぱいできるまで長生きしますように」との意味合いが込められ、

 

一方の関西では、黒豆がシワにならないように煮込むのですが、これは「ふっくらとしてシワが寄らないように長生きできるように」との意味合いが込められています。

 

昔はふっくらした人が良いとされていましたからね。

 

田作り(ごまめ)の意味と由来

%e7%94%b0%e4%bd%9c%e3%82%8a

 

田作り(ごまめ)にはいわしを肥料にすることで豊年豊作、五穀豊穣をもたらし、食べ物に困らないようにという願いが込められています。

 

片口いわしの稚魚を料理していることから子沢山であったり、子孫繁栄を意味しています。

 

ごまめの「まめ」からまめであるということから健康に暮らせるようにという意味合いもあります。

 

また、まめ豆であるということから忠実であるという意味も込められているのだとか。

 

さらにごまめ(五万石)とも呼ばれ、具体的な数字も意味していたんですね。

スポンサードリンク




数の子の意味と由来

%e6%95%b0%e3%81%ae%e5%ad%90

 

数の子は「にしん」と言う魚の卵で、卵の数がたくさんあることから子沢山や子孫繁栄を意味しています。

 

ニシンは一回で3~10万個の卵を宿しているそうなので、子宝を象徴する魚なんですね。

 

また、「にしん」は「二親」から両親が健在であることから、健康に子供をたくさん授かるようにとの意味もあります。

 

たたきごぼうの意味と由来

%e3%81%9f%e3%81%9f%e3%81%8d%e3%81%94%e3%81%bc%e3%81%86

 

ごぼうは地面に根を細く長く張るものですが、それがそのまま「細く長く幸せに」という願いが込められています。

 

この「細く」という謙虚な部分がいかにも日本人らしいですよね。

 

古事記で登場する日本の神様たちは働き者でそれぞれの役割がありますが、西洋の神様たちは対象的に毎日が遊びで、仕事は奴隷たちがするものですから、日本人ならではの考え方ですよね。

 

また、ごぼうは地面に根付く食べ物ですから、家がしっかりと根付くことを意味し、家庭が安泰しますようにとの意味もあります。

 

さらにごぼうの形が鳥の姿(鶴や鳳凰(ほうおう))の形に似ていることから、縁起の良い鳥が訪れることは豊作などおめでたいことが起こるに違いないと言う思いも込められています。

 

たたきごぼうは柔らかく煮たごぼうを叩いて、中身を取り出すことから、開運の意味も込められているなど色々とあります。

 

最後に

ここ最近、暗いニュースが多い日本ですが、日本の文化や伝統を知ると、日本の良さを改めて知ることが出来ます。

 

おせち料理は1年に1回しか食べないからその意味を知って食べるとより楽しく食べられるのではないでしょうか。

 

今年1年、素敵な1年を過ごせるようにお互いに日々精進してきましょうね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す