七草粥の日はいつ?どんな意味で食べるの?作り方レシピは?

この記事は約 6 分 で読むことができます。

新年を迎えて、お正月も終わりに近づくと七草粥を食べる風習が日本にはありますが、「今年の春の七草の日はいつだっけ?」と思われる方もいるかと思います。

 

また、「どうして七草粥を食べるんだろう?」と思ったりもしませんか?

 

今回は、七草粥の日はいつなのか?
そして七草粥を食べる意味や理由について、
最後に作り方のレシピについてです。

 

スポンサードリンク




 

七草粥の日はいつ?

%e4%b8%83%e8%8d%89%e7%b2%a5

 

七草粥は「春の七草」を使って、1月7日の朝に食べるのが一般的と言われています。

 

七草粥には今年一年の無病息災を願って厄払いと健康を祈り、また五穀豊穣を願って、神様への感謝を込めた料理です。

 

どうして1月7日が春の七草の日なのかというと、五節句のひとつ人日(じんじつ)の節句が1月7日でこれはお正月最後の日でもあり、別名「七草の節句」とも呼ばれることから七草粥を食べる風習が出来上がったと言われています。

 

スポンサードリンク




七草粥の春の七草の種類と意味や理由

ところで、
春の七草を全種類言えますか?

 

昔、国語の授業などでリズムをとって覚え歌などをした経験がある人もいると思いますが、4~5種類ぐらいは言えても意外と全種類覚えていないのではないでしょうか(笑)

 

せり・なずな・ごぎょう・はこべら・ほとけのざ・すずな・すずしろ・これぞななくさ

 

私が子供の頃は覚え歌をやったのだけど、今はあるのかな・・・
当時はすずなとすずしろを覚えるのに苦労したなぁ・・・

 

と余談はこれぐらいにして、
春の七草のそれぞれの意味や由来についてお話しますね。

 

春の七草には先程でも触れたように、邪気払いや万病を除き健康を願ったり、食べ物に困らないように豊作を願ったり食べ物と紹介しましたよね。

 

それ以外にも、お正月に食べた御節料理やお酒など暴飲暴食をしていたのは、今も昔も同じだったそうです。

 

ですからお正月も終わり疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もあるとされています。

 

そういった意味では、薬草であったり薬膳料理みたいな感じで食べていたのかもしれませんね^^

ではもう一度、春の七草の種類の確認です。

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

春の七草:芹(せり)

せりは七草以外の時期でも採れますが、若菜は香りがよいのが特徴です。

 

春の七草:薺(なずな)

ナズナは別名ぺんぺん草や三味線草(シャミセングサ)や場千草(バチグサ)などと呼ばれていて、かつては冬の貴重な野菜であったそうです。

 

御形、御行(おぎょう、ごぎょう)

オギョウ、ゴギョウとどちでも良いそうですが、漢字で書く時に「植物記」では「御行」は「オギョウ」として、「ゴギョウ」ではないそうです。

 

春の七草:繁縷(はこべら)

ハコベラはハコベのことで、お浸しなどで食べたり、小鳥に野菜代わりのエサとして食べさせたりしているそうです。

 

春の七草:仏の座(ほとけのざ)

現在のホトケノザは紫色の花をつけるものを言い、シソ科ではあるがとても食べられる代物ではありません。

 

七草粥の食用のホトケノザは、黄色い花を咲かせるタビラコ(田平子)を指し、食用にするのはコオニタビラコ(小鬼田平子)とされています。

 

春の七草:菘、菁、鈴菜(すずな)

漢字では色々とありますが、スズナは蕪(かぶ)のことです。

 

春の七草:清白、蘿蔔(すずしろ)

スズシロは大根(だいこん)のことです。

 

ちなみにですが、今と昔では春の七草が違うんです!

 

昔の七草

・稲(いね)

・粟(あわ)

・黍、稷(きび)

・稗(ひえ)

・胡麻(ごま)

・小豆、荅(あずき)

・蓑米(みの)

 

以上の7種類が昔の七草となっていて、春や夏などの季節の七草ではなく総称としての七草だったそうです。

 

春の七草を使った七草粥の本格作り方レシピ

では実際に七草粥を作ってみましょう。

 

本格レシピと言っても、基本はおかゆですからそれほど難しくはないです(笑)

 

七草粥の材料(2~3人前)

・七草セット

・お米 1合(お好みで切り餅も)

・出汁、昆布

・お塩または醤油

・白ごま

 

七草粥の作り方

本来なら春の七草を採ってくるのが良いのですが、現実的には無理なので、スーパーなどで仕入れてきます。

1.お米を1合分計量カップですくい、バットに入れます。

2.黒ずんだお米、淀んだお米、割れたお米などをハンドピッキングでよけます。

3.スズナやスズシロ(カブやダイコン)は薄くスライスします。

4.葉物野菜は食べやすい大きさに切ります。

5.お米を研いだら、お米とお水(浄水)を土鍋に入れて火にかけます。
その時に昆布と出汁(鰹節など)を入れます。(顆粒だしは避ける)

6.沸騰したら、弱火にして10分炊きます。

7. 七草とお好みで切り餅(1センチ角程度)を加えて1~2分炊きます。
その時にお塩または醤油で味を整えます。
(お塩や醤油は化学調味料でないもの)

8. 器に入れて白ごまをまぶしたら完成です。

%e4%b8%83%e8%8d%89%e7%b2%a5

 

ポイントは化学調味料などを一切使わない本来の作り方で、新年を迎えて年神様に感謝の気持ちを込めて作ることがポイントです。

 

最後に

七草粥は今の時代にとっては物足りない感じがしますが、本来の食べ方を知ると、なるほどと思わされる部分があることがわかります。

 

今は食が豊富な時代ですが、その代償としてアレルギーであったり、成人病であったりと色の乱れが一方では気になるものです。

 

私の子供もアレルギーがあるので、食べ物に関して意識させられるようになりましたが、食事への意識が変わると栄養だけではなく、人も変わっていくものなんだなと自分でも実感している次第です。

⇒ 運気を上げる ごはんのひみつ [ ちこ ]

 

%e9%81%8b%e6%b0%97%e3%82%92%e4%b8%8a%e3%81%92%e3%82%8b%e3%81%94%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%b2%e3%81%bf%e3%81%a4

実は私もこの本を買いました。

 

料理のレシピ本と言うよりは食べることの意味や人としてのあり方など、読むことで成長させられ、心が温かくなるそんな本です^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す