七草粥の由来とは?春の七草はどんな意味や効果があるの?

この記事は約 7 分 で読むことができます。

お正月も一段落する頃に春の七草を使った七草粥を食べる風習が日本にはあります。

 

ところで、七草粥はいつから食べるようになったのでしょうか?

 

今回は、七草粥を食べるようになった由来や、春の七草の意味についてまとめました。

 

そうしたら、意外なところに繋がり奥深い内容まで・・・
ぜひ最後まで御覧くださいね^^

 

スポンサードリンク




 

七草粥の由来

春の七草を使った七草粥を食べるのは1月7日の朝に食べるのが良いとされています。

 

%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%801%e6%9c%887%e6%97%a5

 

1月7日は五節句のひとつ「人日(じんじつ)の節句」と呼ばれ、「人の日」を指します。

 

これは、中国の唐の時代から伝わったもので、正月から迎えて元旦の日から順番に新年の占いをしていたことから由来していたと言われています。

元日:鶏
2日:狗(犬)
3日:猪(豚)
4日:羊
5日:牛
6日:馬
7日:人
8日:穀

 

当時の占いのやり方は、晴雨で吉凶を占ったものとされ、1月7日の「人日」は人を占う日であり、邪気を払い1年の無事と健康を祈る意味で「七種菜羹(なんしゅさいのかん)つまり七草の入ったおかゆを食べる」という風習があり、別名「七草の節句」とも呼ばれています。

 

また、人日の日に中国では官吏の昇進を決める日でもあり、当時の人達は出世を願って七種菜羹を食べていたそうです。

 

また、ここで「五節句」と言う言葉も出てきたので、五節句についてもお話しますね。

 

五節句の「節」と季節の変わり目を意味し、暦の中で奇数が重なる日は縁起が良い日とされており、邪気を払う行事が行われていました。

 

この中国の暦法と日本の農耕の風習とが合わさり、宮中でも邪気を払う儀式(宴会)が催されるようになり、「節句」と言われるようになったそうです。

1月7日:人日(じんじつ)の節句
3月3日:上巳(じょうし)の節句
5月5日:端午(たんご)の節句
7月7日:七夕(しちせき)の節句
9月9日:重陽(ちょうよう)の節句

 

1月だけは1日(元旦)を別格として、1月7日を節句にしています。
また、五節句を日本で制定されたのは江戸時代なのですが、明治6年には廃止されています。

 

ですが、今でも年中行事のひとつとして続いていますよね^^

 

スポンサードリンク




七草粥の春の七草にはどんな意味が込められているの?

中国の唐の時代には「七種菜羹(ななしゅさいのかん)」と言う7種類の野菜を食べていましたが、日本でも当初は「昔の七草(七種類の穀物)」を食べていたそうです。

 

七種類の穀物とは・・・米、麦、粟、きび、ひえ、ごま、あずき

 

お正月に摂れる野菜が貴重で入手が難しかったということもあり、当初は穀物でしたが、次第に旧暦のお正月の時期にその時に採れた野菜を特に決まりなく入れていたそうです。

 

やがて鎌倉時代になり、四辻善成と言う人が
「せりなずな ごぎょうはこべら ほとけのざ すずなすずしろ これぞななくさ」と詠ったことで、これが現代にも続く春の七草になったと言われる理由です。

 

では、それぞれの意味や食べることでどのような効果があるのかについてです。

 

芹(せり)の意味や効果・効能

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%80%e3%81%9b%e3%82%8a

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

せりには、食欲増進や胃を丈夫にする効果、整腸作用、利尿作用、解熱効果、血圧を下げる働きなど様々な効果があります。

 

せりは、新芽がたくさんせりあって育つことから、競り(せち)勝つと言う意味があります。

 

薺(なずな)の意味や効果・効能

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%80%e3%81%aa%e3%81%9a%e3%81%aa

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

なずなには、解毒作用、止血作用、利尿作用、むくみに効果があるとされています。

 

なずなは別名「ぺんぺん草」と呼ばれ、なでて汚れを取り除くと言う意味があります。

 

御形、御行(おぎょう、ごぎょう)の意味や効果・効能

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%80%e3%81%94%e3%81%8e%e3%82%87%e3%81%86

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

おぎょう(ごぎょう)には、のどの痛みを和らげる効果がり、咳や痰にも効果があります。

 

おぎょう(ごぎょう)は、人形(ひとがた)を意味し、母と子供の人形が多かったことから「ハハコグサ」と呼ばれますが、御の字から「仏の体」を表すとも言われています。

 

繁縷(はこべら)の意味や効果・効能

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%80%e3%81%af%e3%81%93%e3%81%b9%e3%82%89

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

はこべらはビタミンが豊富で腹痛薬や胃炎に効果があり、また歯槽膿漏にも効果があります。

 

はこべらのはく(はこ)は綿布で、べらは古語で群がるを意味し、細かい茎からたくさんの葉が群がることから繁栄がはびこる」と言う意味があります。

 

仏の座(ほとけのざ)の意味や効果・効能

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%80%e3%81%bb%e3%81%a8%e3%81%91%e3%81%ae%e3%81%96

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

ほとけのざは、食物繊維が豊富で胃や腸を健康にし、食欲増進や便秘解消、歯痛にも効果があります。

春の七草のほとけのざは、紫色の花を咲かすほとけのざではなく、黄色い花を咲かせるタビラコ(田平子)を指し、食用にするのはコオニタビラコ(小鬼田平子)のことです。

 

地面に平らに広がって生えている葉の姿が「仏の安座」に見立てたことからそう呼ばれています。

 

菘、菁、鈴菜(すずな)の意味や効果・効能

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%80%e3%81%99%e3%81%9a%e3%81%aa

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

すずなは「かぶ」の事で、胃腸を整え、消化を促進する効果や、しもやけやそばかすにも効果があります。

 

蕪は冬に摂れる貴重な野菜で、昔は葉も重用されていました。
蕪の葉は「すず葉」と呼ばれ、「鈴菜(すずな)」は「神様をお呼びするための鈴」と言う意味があります。

 

清白、蘿蔔(すずしろ)

%e6%98%a5%e3%81%ae%e4%b8%83%e8%8d%89%e3%80%80%e3%81%99%e3%81%9a%e3%81%97%e3%82%8d

出典:http://www.benricho.org/koyomi/nanakusa.html

 

すずしろは「大根」の事で、美肌効果や風邪予防の効果があります。

 

昔は大根のことを「清白」と言い、「汚れのない清白」と言う意味があります。

大根も蕪と同じように貴重な冬野菜のひとつでした。

 

最後に

日本の風習や文化のルーツを辿ると、実は中国から伝わったと言うものが調べてみると、けっこう出てきます。

 

子供の頃に学校で習った歴史に607年に小野妹子が遣隋使に派遣され、その後唐の時代に何度も派遣されたのを習ったと思います。

 

当時の歴史の勉強って〇〇年に誰々が何々をした
と言う程度でしたが、本当はもっと奥深く学んでいくべきなのですが、限られた時間の中だと、仕方ないのかなと思います。

 

だって、3学期も終わりに近づいて、明治時代や大正時代のことなど、授業が遅れてて殆どが飛ばされていましたからね。
(あなたも経験しているのではないかと思います(笑)

 

でですね、
昔の中国は日本よりも学問や技術などすべての面で進んでおり、日本は遣唐使を派遣することで先進的な技術などを学びに行っていたんですね。

 

ですから、当時の日本と中国は対等な関係ではなく、唐へ朝貢することで「日本」と言う国を認めてもらっていたという背景があったそうです。

 

そう思うと、七草粥の由来や歴史の話が遣唐使にまで話が膨らんでしまうのを見ると奥深くて歴史の壮大さを感じてしまいますね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す