鏡開き2017年の日はいつ?意味や由来は?やり方に決まりはあるの?

この記事は約 5 分 で読むことができます。

終わってみれば短かった年末年始にお正月はゆっくりと過ごすことはできましたか?

 

お正月が終わると、飾ってあった鏡餅を下げないといけませんが、今年の鏡開きの日はいつだっけ?と1年に1回のことだから忘れてしまうこともあります。

 

また、「鏡開き」それとも「鏡割り」など、どちらが正しいの?
ふと思ったけど、意味や由来ってあるのかな?
鏡開きの正しいやり方ってあるのかな?

 

など、気になることって案外出てくるものです。

 

今回は、「鏡開き」について色々とまとめてみましたので、ぜひ参考にお付き合いくださいね^^

 

スポンサードリンク




 

2017年の鏡開きはの日はいつ?

%e9%8f%a1%e9%a4%85

 

2017年の「鏡開き」の日は一般的に1月11日となっています。

 

鏡餅は「松の内」と呼ばれる1月7日(関西では15日)までの間に年神様が宿るとされていて、その年神様がお帰りになった後の1月11日に鏡開きをするのが一般的です。

 

で、地域によって違うとされているのは、元々の鏡開きは1月20日に行われていましたが、慶安4年(1651年)4月20日に徳川家光が亡くなったことで、徳川幕府のお膝元である関東では月命日である20日を避けるようになり、鏡開きも1月11日に変更されたためです。

 

ですが、このような関東での風習が全国に広まらなかったために、関西では従来通りの松の内の1月15日を終えた後の1月20日に鏡開きをする風習が続いていると言われています。

 

また京都では、お正月の3が日を終えたら翌日の1月4日が鏡開きの日となっているなど、地域によって違いがあるのはこのためです。

 

スポンサードリンク




鏡開きに意味や由来

%e5%a4%a9%e7%85%a7%e5%a4%a7%e7%a5%9e

出典:https://twitter.com/amaterasu_point

 

鏡餅には、新年の年神様である年神様の依り代(神様が憑依するもの)であるとされています。

 

「鏡餅」の名前の由来には、太陽の神・天照大神(アマテラスオオミカミ)からニニギノミコトに授けられた三種の神器のひとつである八咫の鏡(ヤタノカガミ)から来ています。

 

また、ニニギノミコトは「斎庭(ゆにわ)の稲穂」と呼ばれる天照大神の魂の一部である黄金の稲穂も一緒に授かり、これを日本中に広めていったとされています。

 

ですから、鏡には天照大神との繋がりを表し、そこに映る我が身を見て自らの使命を思い出させて頂ける神聖なものとして扱われております。

 

丸いお餅は、斎庭の稲穂から作られたお米から出来たものですから、天照大神の魂そのものを意味し、特別な食べ物なんですね。

 

ですから、鏡開きしたお餅はいただくことで神様との繋がりを深め、神様の力が宿るとされており、無病息災の意味が込められていると言われています。

 

もし、鏡餅にカビなどが発生して食べられない状態だったら・・・

捨てるなんてことをしてはいけません。

 

その時は、1月15日に神社などでやるとんど祭りでお焚き上げをしてもらうといいです。

 

また、「鏡開き」と「鏡割り」とどちらも同じような意味合いで使われていそうですが、実はどちらでも良いんです。

 

ですが、「鏡割り」の「割る」と言うのは忌み言葉で縁起の良くないものですよね。

 

また先程の由来のお話を知れば、神様との繋がりを「割る」よりも「開く」ほうがはるかに良いですよね。

 

鏡開きの正しいやり方

%e9%a4%85%e3%81%a4%e3%81%8d

 

鏡餅は天照大神の魂の一部をいただくものですから、正しいやり方でお餅をいただきましょう^^

 

鏡開きをする頃になると、お餅も固くなっていますが、包丁など刃物を使うことはタブーとされています。

 

これは、武家社会での「切腹」を連想させるためです。

 

ですから、正しいやり方は、木槌で細かくしていきます。

 

この時も、お餅は割っていますが、「割る」のではなく「開いている」と表現しましょうね^^

 

鏡餅の開き方のコツは、木槌などで少しずつヒビを入れて、最後に思い切り叩くのがコツです。

 

 

ですが、お餅が十分に乾燥しておらず、うまく割れない時は、半日ほどお水につけて電子レンジで柔らかくして手でちぎるなどしてみても良いと思います。

 

最近では、真空パックの鏡餅で飾るという家庭も多いですが、その時も包丁などで食べやすいサイズにカットするのは良くないです。

 

細かくしたお餅は焼いても良し、お雑煮にしても良し、おしるこにしても良しですから好きなように調理して、家族みんなでその年の年神様の恩恵を授かり、今年一年の無病息災を願って戴きましょうね^^

%e3%81%8a%e3%81%97%e3%82%8b%e3%81%93

 

最後に

日本にはひとつひとつに神様が宿り、あらゆるところで人間と神様がつながっているんだなと思わされます。

 

自然とともに生きる古来より繋がる現代の日本を知ると、子供たちや次の世代に伝えていくことがたくさんあるんだなと実感させられます。

 

今年は自分のことだけでなく、誰かのために素敵な一年を過ごせるように思う人が一人でも増えれば、日本はまだまだ良くなっていくと思います。

 

では、素敵な一年を願って、この出会いに感謝いたします^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す