年賀状の書き損じは交換できるの?手数料や期限はあるの?

この記事は約 5 分 で読むことができます。

年賀状の準備は順調に進んでいますか?

 

年賀状をプリンターで印刷する家庭も多いと思いますが、年賀状を表裏を間違えて印刷してしまったり、上下逆さまで印刷したり、途中でインクが切れたりなどで書き損じの年賀状が毎年,何枚かは出てきますよね。

 

そんな失敗してしまった年賀状をあなたはどうしていますか?
まさか、そのまま処分して捨ててしまっている何てことはありませんか?

 

今回は、書き損じてしまった年賀状でも次に紹介する方法で無駄なくできる方法について紹介します。

 

スポンサードリンク




 

年賀状の書き損じは交換できる

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6%e4%bd%9c%e3%82%8a

 

書き損じてしまった年賀状はお近くの郵便局に持っていけば、すぐに交換してもらうことができます。

 

ただし、切手の部分が汚れていたり、額面の部分が棄損していたりすると交換できない場合があります。

 

また、年賀状以外でも交換することが出来るので、詳しくは下の図を参考にしてください。

 

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e7%8a%b6%e3%80%80%e4%ba%a4%e6%8f%9b

引用:http://www.post.japanpost.jp/service/standard/kaki_sonji/index.html

 

年賀状以外でも、「通常切手」や「郵便はがき」や「郵便書簡」や「レターパック封筒」などにも交換できるので、書き損じてしまった年賀状でも、予備の年賀状で事が済み、もういらないなどの場合には、他のものと交換できるのもありがたいですね。

 

書き損じた年賀状の交換には手数料が必要

%e9%83%b5%e4%be%bf%e5%b1%80

 

書き損じてしまった年賀状には、実は手数料が必要です。

手数料と言っても、1枚に付き5円なので、それほどきにするのもではないかなと思います。

とは言え、油断することなかれです。

 

何故なら、印刷する時って1枚ずつ確認しながら印刷していますか?

 

最初に数枚なら、印刷の出来具合を見ながら確認すると思うのですが、その後って一気に全部を印刷ってパターンではないでしょうか?

 

そうなると、気付かずに残り全部が印刷ミスってことはありえますよね。
ですから、注意が必要です。

 

ちなみにですが、年賀状を交換する時に、普通紙からインクジェット写真用の年賀はがきに変えたいなと思う時もあるかと思いますが、その時は差額分を支払えば交換してもらうこともできます。

 

またよくあるのが、去年の年賀状など余っていると言ったケース。

 

この場合は、書き損じはがきとして、手数料を支払えば今年の年賀はがきや切手などに交換してもらうこともできますよ。

 

スポンサードリンク




年賀状の手数料が無料で交換できる場合

%e5%b9%b4%e8%b3%80%e3%81%af%e3%81%8c%e3%81%8d

 

実は、年賀状でも交換手数料が無料で交換できる場合があります。

・間違って購入したの場合
・身内に不幸があった場合

 

間違って購入したの場合

お年玉付き年賀はがきを買うつもりが、間違ってお年玉付きではない年賀はがきを購入したり場合などの、間違った種類の年賀状を購入した場合には手数料なしで交換することが出来ます。

 

ただし、条件があります。

 

未使用(書き込みがない)のもので、きれいな物でないといけません。

 

逆に言えば、汚れていたり折れているなどしていると駄目です。
また条件として必ず「年賀はがき」との交換になります。

 

普通の郵便はがきや切手など別のものに交換する場合は、手数料が必要になります。

 

また、年賀はがきの在庫がなくなり、普通のはがきなどでしか交換できない場合であったとしても、交換手数料がかかるので、分かっているのにギリギリまで放置しておくのはやめておきましょうね(笑)

 

身内に不幸があった場合

身内や親族などの不幸の場合には無料で交換することが出来ます。

 

その際には、服喪であることをお申し出いただき、窓口に備え付けの請求書に請求される方の住所、氏名および亡くなられた方との続柄等をご記入する必要があります。

 

服喪の場合は、年賀はがきは記入(印刷)済でも無料で交換することができます。
こちらは、通常のはがきや切手との交換となります。

 

服喪の場合などは突然のことですから、無料で交換してくれるのは助かりますよね。

 

ですが、服喪の場合であっても無料で交換してもらうには期間があるので注意が必要です。

 

年賀状の交換の期限

書き損じた年賀状の交換や、無料での交換でも期限があります。

 

年賀状を交換できる期限は年賀状の販売期間内とされています。

 

2017年の年賀状の場合で言うと、
2016年(平成28年)11月1日(火)~2017年(平成29年)1月6日(金)

の間が販売期間内とされています。

 

もし販売期間内を過ぎてしまったら・・・
通常のはがきや切手などと交換できます。

 

ですが、誤購入や服もの場合など無料で交換できる場合であっても、期間が過ぎてしまえば手数料が必要になります。

 

最後に

年賀状は毎年のことなのに、意外と知らないことも多かったりします。

 

また、郵便局のホームページなどに記載されてはいるのですが、これがどこのページに記載されているのか分かり難かったりするのでなおのことです。

 

年賀状印刷の失敗は本来であれば、自己責任ですが、1枚5円の手数料で交換してもらえるのはありがたいですよね。

でも、できれば失敗なく年賀状を印刷したいものです。

 

そして、最近では年賀状印刷するのにも業者に依頼するという人も増えてきましたが、どちらがお勧めなのかメリット・デメリットをまとめてみましたので、よろしければ参考にどうぞ^^

⇒ 年賀状印刷は無料テンプレート派?業者に依頼派?

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す