振袖の年齢は何歳まで着られる?既婚では?平均何回ぐらい?

この記事は約 5 分 で読むことができます。

成人式が近づいてくると、女性の方なら振袖を着て成人式に参加する人は多いと思います。

 

スーツよりも華やかで美しく見えますし、振袖を着て行きたいと思うのは女性の本音でしょう。

 

となると、購入またはレンタルで振袖を準備すると思います。

 

ですが、その前に
「振袖って何回ぐらい着る機会があるのでしょうか?」

 

今回は振袖を準備する前段階の振袖が着られるのは年齢や結婚後でも着ても大丈夫なのか?など、振袖のことについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

振袖が着られる年齢は何歳ぐらいまで大丈夫

%e6%8c%af%e8%a2%96%e3%80%80%e5%a5%b3%e6%80%a7

 

成人式以外に振袖を着る機会は何度かありますが、主な場合は友達や兄弟や親族などの結婚式に呼ばれた時などですよね。

 

よく言われるのは、「振袖は未婚女性が着るもの」と言われていますよね。

 

それもそのはず、振袖は元々13歳から24歳の未婚の女性が大切な儀式に着る祝着とされていました。

 

さすがに今の時代では13歳から振袖を着るという人はほとんどなく、成人式に初めて着ると言う人がほとんどです。

 

では未婚であれば、何歳までも着られるのかと言えば、中には40代でも着ていくという人もいますが、世間の常識から見てみると痛々しく見られていると言ったほうが適正かもしれません。

 

例え、見た目が若々しく見える素敵な女性だとしてもです。

 

振袖に初めて手を通すのが20歳である女性が、先のことを考えて落ち着いた感じの振袖を選ぶというのも有りなのかも知れませんが、やはり今の年齢に合ったものを選んだほうが華やかで美しいものです。

 

となると、振袖は何歳まで着られるのか?と言うことになりますが、本来であれば24歳までとなるのですが、現代の女性の平均結婚年齢が29歳であることなどを考慮すると、30~32歳あたりが振袖が着られる年齢の限界だろうと呉服屋さんから伺ったっことがあります。

 

スポンサードリンク




振袖は既婚者や結婚後では着られないの?

%e6%8c%af%e8%a2%96%e3%80%80%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%ab

 

振袖は未婚女性が着るものであると言われているのは承知のことと思いますが、30代前半でも着られるのであれば、早くに結婚してまだ20代であれば、まだ大丈夫なんじゃないの?と思えてきますよね。

 

やはり基本的にはNGです。

 

ですが、最近では友人の結婚式の場合には、既婚者でも振袖を着て式に参加する人もいます。

 

ただし、この場合には、主役である花婿花嫁に確認しておいたほうが良いでしょう。

 

なぜなら、格式を重んじる家系であったりする場合ですと、未婚でもない女性が振袖とは何たる・・・となりますからね。

 

自分が何言われても平気だとしても、主役はやはり新郎新婦ですから、彼らの顔を潰さないためにも状況を見てのほうが良いと思います。

 

一方、親族として結婚式に出席する場合には、振袖で参加するのはやめておいたほうが良さそうです。

 

格式を重んじるような親族ではないと分かっていたとしても、相手側はどのような人達なのかは分かりません。

 

そういった点から、非常識な振る舞いと判断されてしまうと、印象も悪いですし、やはりこの場合は、黒留袖や色留袖などで控えめにしておくほうが良いでしょう。

 

また、そうした方が相手の親族側にも、若くてもしっかりした人と思われるでしょうから、今後会うようなことが無いとしても、ムダに悪印象を残す必要はないですよね^^

 

振袖は平均して何回くらい着られる?

%e6%8c%af%e8%a2%96%e3%80%80%e4%bd%95%e5%9b%9e

 

振袖を購入するかレンタルするのかで迷うところに、結局何回着られるのか?というところにあります。

 

平均して普通の人で2~3回だそうで、少し多い人で5~6回ぐらいだそうです。

 

10回以上着ると言う機会は殆どの人はないそうです。

 

で、実際に振袖の金額はどれくらいするのか見てみると、ピンきりで値が張るのはそれだけ上質なものと言えますが、同じ振袖でもネットと呉服屋では数十万円の差があったと言う話もあるそうです。

 

参考までに楽天市場での振袖はこんな感じになっています。

⇒ 振袖一覧【楽天市場】

 

一番高いものは5000万円を超えますが、庶民には理解できない領域です。

 

と、話が逸れてしまいましたが、今の振袖は本振袖と呼ばれる袖の部分が三尺三寸(約115cm)ある大振袖が主流になっています。

 

振袖が長ければ長いほど格式が高いと言われており、袖を採寸してもらうことで訪問着として再利用することもできます。

 

これだと、30代や40代でも振袖のデザインによりますが、余程の事でもない限り似合わないということはないですし、大人の女性にしか出せない上品な美しさがでてきます。

 

着物を着る機会は本当に少ないですから、訪問着にして敢えて着てみるというのも良いかもしれませんね^^

 

最後に

今回は、成人式に合わせて振袖を準備する前段階のお話をさせて頂きました。

 

購入派やレンタル派など、人によって様々ですが、女性にとって振袖は一生に一度は着てみたいという憧れが強いものですから、後悔のないように振袖を選んでくださいね。

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す