アトピーやカサカサ肌の赤ちゃんにステロイド以外の対策法

この記事は約 9 分 で読むことができます。

生まれたばかりの赤ちゃんは肌が非常に弱いので、ちょっとしたことでもすぐにかゆがったりして肌がボロボロになりやすかったりします。

 

これを放っておくと、炎症を起こして全身に転移したり赤みを帯びたりして、より一層治らなかったりします。

 

アトピー体質の方だとわかりますが、病院などに行って薬をもらうと、まず「ステロイド剤」をもらうと思います。

 

確かに炎症がひどく、子供本人もかゆがっている時には効果的なのですが、よく言われる副作用が心配で、できることなら避けたいと思うのは母親なら誰でも一緒のことともいます。

 

今回は、アトピーや敏感肌やカサカサ肌など肌の弱い赤ちゃんや子供にステロイド剤以外でできる対策法について紹介します。

 

スポンサードリンク




 

アトピーやカサカサ肌や敏感肌などの赤ちゃんにステロイドは効果的なの?

97250daed5eb551772ffb0b5661edc9e_s

まず初めに伝えたい事は、肌が赤くボツボツとしていかにも痒がっているほどの炎症が出た場合には、ステロイドを塗ってあげて下さいね。

 

私の子供もアトピー体質でしたから、ステロイドによる副作用も十分に調べましたが、現状ではステロイドに勝るものはないという結論に達しました。

 

ステロイドを塗らずにそのままにしておくのは絶対にしてはいけませんが、少しでも改善させようと保湿剤を塗ってあげると思いますが、もうこのレベルになると保湿剤を塗っても効果はありません。

 

子供本人はかゆみが治まらないから全身掻きむしり、それが飛び火してさらに全身に炎症を発生させ悪循環の一途を辿ります。

 

もうこの状態になると、親は見ていて何もしてあげられないことに辛くなります。

 

その一方で、ステロイドを塗ってあげると、本当に効果の違いに驚くと思いますが、ステロイドを多用すると、炎症を起こした時に効果がなくなり、アトピーが悪化していくことになるので注意が必要です。

 

また、アトピー体質だとアレルギー持ちという方も多いと思います(我が子もそうです)が、ステロイドを多用することで、IgE抗体値が上がるので、実はステロイドを使えば使うほど、アレルギー体質は改善されないですし、ホルモンバランスも崩してしまうという悲しい現実が待っています。

 

ですから、ステロイドはひどく炎症した時は使い、いずれは脱ステロイドに対処していかないといけません。

 

アトピー肌やカサカサ肌や敏感肌を改善する対処法とは

af114d0a96bed31d1dc4bdc2fdff0085_s

アトピーなど肌荒れの原因に明確な答えは出ていませんが、遺伝によるもの、不規則な生活や偏った食事、ストレスや生活環境など様々な要因によって引き起こされるとしています。

 

赤ちゃんや小さなお子さんの場合には、遺伝的な要素も大きく、私の子供の経験からによる個人的な意見になりますが、母乳で育てた場合には粉ミルクで育った子供よりアレルギー体質になりやすいのかなと思っています。

 

だからと言って、母乳で育てるのを反対と言うのではないですよ。

 

私の子供たちを見て、上の子の時には、母乳が出なくて粉ミルクで育ててしまっていて、下の子の時には、母乳が出せるように助産師さんのところでマッサージを受けに行って、結果的に育て方の差が出たものですから。

 

と、話が逸れましたが、
どうすることもできないことにああだこうだと言っていてもどうしようもないので、できることから改善していくことが大切ですよね。

 

では、具体的にどう改善していったら良いのかを紹介しますね。

 

スポンサードリンク




食事を変えることで体質を改善していく

1933844d2a87b209116a05b44bf81443_s

食事の改善は本当に大事です。
みんな食事に対する意識が低いとさえ感じてしまうほどです。

 

ジャンクフードや加工食品など、お店で売られていたりすると、欲しくなってしまいますよね。

 

確かにそういった食べ物って美味しいからついってなってしまいますが、それは化学調味料の仕業です。

 

これ、非常にダメです。

 

内心は身体によくないな~と分かりながらも食べてしまうので、その気持はわかりますが、それは絶対にダメです!

 

そしてもうひとつが、アレルギーを起こしやすい食品も避けたほうが良いです。

 

よく言われる7大アレルゲン「卵・牛乳・小麦・えび・かに・落花生・そば」と表示が義務付けられている20品目「あわび・いか・いくら・オレンジ・キウイフルーツ・牛肉・くるみ・サケ・サバ・大豆・鶏肉・バナナ・豚肉・まつたけ・もも・やまいも・りんぐ・ゼラチン・カシューナッツ・ごま」などはアレルギー反応が出やすい食材とされているので、場合によっては避けたほうが良いと思います。

 

ですが、これらの食材はメインとなるものも多く、すべてを取り除こうとすると、普通の人であれば、食べさせられるものがないと思いますから、あまり神経質にならないように食べてみて、湿疹や炎症やかゆみや嘔吐など何かしらの反応が出るので、そうした時に、次は食べさせないようにしましょうね。

 

不安があるようでしたら、病院で血液検査をすると、アレルギーのある食材を調べられますので、診てもらうのも良いと思いますよ^^

 

ちなみに、私の子供は「卵・牛乳・小麦・そば」とアレルギー反応が出て、さらには「お米」もありましたが、お米は食べてみて大丈夫でしたので、お米は食べていましたが、「卵・牛乳・小麦」が食べられないというのは本当に苦労しました。

 

今でも、「卵・牛乳」は残っていますが、小麦が解除されただけでも本当に助かります。

 

ですから、食べ物を改善していくことで、体の内部から変えていくというのは時間はかかりますが効果的な方法です。

 

不規則な生活を変えることで体質を改善していく

2d8e084ce11e4ba8b4c521b90343444b_s

不規則な生活は論外ですが、規則正しい生活をしているつもりでも、大人と子供の生活リズムは違うため、赤ちゃんや子供にとっては不規則な生活という場合があります。

 

どうしても、育児や仕事を抱えていると、子供につきっきりと言うわけにはいかないため、自分の生活リズムで物事を進めてしまうものです。

 

気付いたら子供を寝かしつける時間が10時になっていたと言うのはよくある話ですが、子供が小さいうちは遅くても9時には寝かしつけてあげるのが良いです。

 

大人でもそうですが、睡眠不足や生活リズムが悪いと、肌荒れがすぐに出てきますよね。

 

子供は大人に比べると、肌もしっとりとプルプルしていますが、だからと言ってダメージを受けていないわけではないので、原理は大人と同じ。

 

また、疲れが残っていると、子供自身も気持ちが荒れているので、結局は全部が悪循環を繰り返してしまうので、規則正しい生活が改善の早道ですし、お母さんの自分の時間を作る最善の方法とも言えます。

 

生活環境を変えることで体質を改善していく

2e06d2d667bddbe65f08022cd8ba41c0_s

生活環境を変えるというと、大変そうに見えますが、ちょっとしたことを変えるだけで、気付いたら最近肌の調子が良くなってきたかもと感じるのではないかと思います。

 

まず、アトピーや肌荒れが起きやすい時期は季節の変わり目や秋から冬にかけてに多く見られる傾向にあります。

 

まあ、その頃って体調も崩しやすかったりするので、しっかりと体調管理ができていれば肌の状態も良いと言えるわけなので、ある意味では分かりやすいです。

 

でですね、
肌に良くないのは、化学合成物質の含まれた製品を使うことがよくありません。

 

例えば、今の住宅では使われていませんが、建築する際に使われていた材料のホルムアルデヒドなど、一時期は癌の原因になると言われいたアスベストなんかもありましたよね。

 

他にも、洗濯用洗剤や柔軟剤なんかも化学合成された洗剤ですから変えてみるのも良いと思います。

 

でも、市販だとなかなか無いと思いますので、こちらを参考にしてみても良いかもしれませんね^^

⇒ 天然由来成分100%!赤ちゃんと自然にやさしい万能洗剤とは?




 

そして、着る服も化学繊維の服ではなく、綿など自然なもので作られた服が良いですよ。

 

身体や頭を洗う時も大人と同じ石けんやシャンプーはやめたほうが良いでしょう。

 

シャンプーはベビーシャンプー専用などありますが、身体を洗う石けんはどうしていますか?

 

固形石けん派ですか?それともボディーソープ派ですか?

 

多くの人は、泡立ちもよく使いやすいのでボディーソープ派だと思いますが、身体に優しいのは、やっぱり固形石けんです。

 

で、肌が荒れていたり乾燥していたりすると、保湿剤をつけてあげると思いますが、お風呂上がりにも保湿はしてあげてくださいね

 

これ、みんな見落としがちですが、お風呂上がりって肌が湿っているので、潤っているように見えますが、体を洗って肌の粘膜もない状態ですから、ダメージを受けやすい状態なんですね。

 

つまり、雑菌が繁殖しやすい状態と言えます。

 

ですが逆に考えれば、ここで保湿剤を塗ってあげると肌に浸透しやすい状態でもあるんですね。

 

ですから、お風呂上がりにはなるべく肌に良い保湿剤を使ってあげてくださいね^^

 

それで、おすすめなのがママも一緒に使える保湿剤で自分も綺麗な肌に変身するのが良いと思いますよ^^

⇒ ミルキーローション「プルミー」の詳細はこちら




最後に

アレルギーとアトピーは私自身には経験の無いことでしたから、当時は意識もなくしていましたが、自分の子供が生まれて向き合うようになって色々と経験して、苦労や大変さがわかりました。

 

結論から言うと、すぐには治らないものですし、皮膚科に行っても、症状が出れば、ステロイドをもらって塗るだけ。

 

何かいつも後手後手の対応に不満を感じていました。

 

もっとね、こうならないためにはどうしたら良いのというのが聞きたいんですよね。

 

もちろん、私自身もまだアレルギーやアトピーと向き合っている真っ最中ですが、それでもそれなりに分かってきたことがありますから、少しでもあなたのお役に立てれば嬉しく思います。

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す