赤ちゃんの乾燥肌にクリームで保湿!ステロイドでの私の失敗談も!

この記事は約 6 分 で読むことができます。

これからの時期は空気が乾燥してくると、お肌も乾燥してきます。

 

特に、赤ちゃんの肌はデリケートで大人よりも乾燥肌になりやすくこまめに保湿をしてあげないと、かきむしって炎症を起こし全身がボロボロの肌になってしまいます。

 

ここまでひどくなってしまうと、ステロイドで処方するしかありませんが、そうなる前に対処してあげたいものです。

 

ですから、赤ちゃんには保湿クリームをこまめに塗ってあげないといけませんが、どれでも良いというわけではありません。

 

今回は、赤ちゃんの乾燥肌を予防するための注意するポイントとステロイドを多用したことでの私の失敗談も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね^^

 

スポンサードリンク




 

赤ちゃんの肌が乾燥しやすいメカニズム

e6640fe6680a39da34bd3ce4a6842bc0_s

 

赤ちゃんの肌はプルプルして潤いのある肌のイメージがありますが、実はとても乾燥しやすいんです。

 

その理由として、赤ちゃんの皮膚の厚みは大人の3分の1程だと言われています。

 

ですが、汗腺は大人と同じ量を持っており、汗っかきですが、皮膚が薄いために水分が蒸発しやすいためにすぐ肌が乾燥してしまうんですね。

 

また、皮膚が薄いことからほこりなど外部刺激にも反応しやすい敏感肌なので、スキンケアが必要です。

 

赤ちゃんのスキンケアをする上での注意点

赤ちゃんの肌は非常にデリケードであるということが分かったら、お母さんがしてあげられることは、

・肌を清潔にしてあげること

・肌の水分を奪わないように保湿してあげること

 

です。

 

では、具体的にはどのようにしていけばよいのでしょうか?

 

スポンサードリンク




赤ちゃんの肌を清潔にする

4f07235f1fbc09079d1a232e973dc32b_s

 

赤ちゃんの肌は非常にデリケートなので、すぐに乾燥してしまいます。

 

乾燥した肌はバリア機能が低下している状態ですから、洗浄力の高い石けんやボディーソープは、必要以上に皮脂や水分までも落としてしまうので、低刺激のものを使わないといけません。

 

特にアトピー体質だったり乾燥して肌荒れを起こしているときだったりすると、普通の石けんやボディーソープだと刺激が強すぎて、かえって炎症を起こしたりする原因になったりするので、別で用意してあげましょうね。

 

赤ちゃんに使う石けんやボディーソープの選び方ですが、ボトルの裏面に成分表の表記がされていますが、どの商品でも成分比率の高いものから順番に表記されています。

 

その成分表の中に、鉱物油や界面活性剤やアルコール類、パラペンやシリコンなどの成分は市販品にはよく見られる成分ですが、それらの成分を使用されていないものを選ぶと良いです。

 

その分、値段は張りますが、肌が強くなるまでの間と割り切って使ったほうが、後々のことを考えると、その子のためには良いのかなと思います。

 

参考までにそれらの成分が含まれていないボディーソープはこちらになります。

⇒ 無添加ベビーソープ《Dolci Bolle》




 

体を洗う時も、ガーゼなどでゴシゴシと強く汚れを落とすのではなく、手で優しく撫でてあげるだけで十分にきれいになります。

 

また、体を拭いてあげる時もタオルなどで拭くのではなく、優しくトントンと体に付いた水分を吸い取るような感じで拭いてあげるのが良いです。

 

さらに、身につける衣類は刺激の強くないものを着させてあげてくださいね^^

 

肌の水分を奪わないように保湿してあげる

e6640fe6680a39da34bd3ce4a6842bc0_s

 

お風呂上がりは、体の汚れや余分な皮脂もないきれいな状態ですから、その時にしっかりと保湿してあげるのが最も肌に浸透しやすく、肌バリア機能が整い、外部からの刺激にも受けにくい肌を保つことが出来ます。

 

また、お風呂上がり以外にもこまめに何度も保湿してあげることが大切です。

 

保湿クリームもたくさん種類がありますが、どれでも良いというものではなく、化学合成物質など不使用のものを選ぶのがおすすめです。

 

私自身、子供がアトピーでしたから、肌に合う保湿クリームを見つけるのに大変苦労して、肌に合わずステロイドを塗布して対処することも多く、子供には辛い思いをさせた経験が

あります。

その経験からおすすめしたいのがこちらです。

⇒ 赤ちゃんが安心な天然成分スキンケア【プルミーミルキーローション】


 

正直な感想としては、他の保湿クリームと比べると値段はかなり高いです。

 

ですが、成分表を見てみると分かるのですが、添加物が一切含まれておらず天然成分のみの配合なんですね。

%e6%88%90%e5%88%86%e8%a1%a8

 

数ある商品の中から、色々なサイトで口コミや評判など調べて試してみましたが、評価の高い保湿クリームでも天然成分にはこだわっていますが、化学合成物質などの添加物がいくらかは含まれているんですよね。

 

もちろん、人によっては合う合わないがあると思いますが、アトピーなど肌が本当に弱い赤ちゃんにはぜひ一度、試してもらいたいなと思います。



最後に

私の経験談になりますが、初めての子育てだと本当に分からないことだらけでした。

 

子供はアトピー肌でしたから、市販の保湿クリームをこまめに塗ってあげても、症状がおさまるどころか、かきむしって飛び火を起こし、全身が炎症を起こすというのを何度も経験しました。

 

一方で、皮膚科の先生からももらったステロイドを塗ってあげると、本当にすぐに症状が治まるんですよね。

 

当時はステロイドの副作用のことは知らなかったので、ステロイドを塗ってあげれば大丈夫だと思っていたんですね。

 

それが、大きな罠の始まりでした。

 

最初はステロイドでも症状の軽いキンダベートでしたが、次第に効かなくなりロコイドに変更され、それも効かなくなりリドメックスと段々ステロイドのキツイものへとグレードアップしていきました。

 

それと同時にアレルギーもありましたから、飲み薬として「インタール」を1日3回飲ませていて、薬漬けの毎日だったんですよね。

 

今思うと、子供にはたいへん辛い思いをさせました。
また、それと同時に無知の恐ろしさも感じられますよね。

 

もし、そのまま気づかずにステロイドを使い続けていたら、リドメックスすらも効かない状態になっていたかもしれません。

 

そんな経験から、スキンケアはしっかりとやってあげて、赤ちゃんの肌を守ってあげてくださいね^^

⇒ 全身に使える人気のミルキーローション「プルミー」


 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す