振袖や古い着物を再利用!リメイクするには何が良い?

この記事は約 5 分 で読むことができます。

成人式の日に親から買ってもらった振袖も結婚したら着る機会はなくなってしまいます。

 

振袖を購入した人で平均して着る回数は3回程度で、多い人でも5回ぐらいだと言われています。

 

思い入れのある振袖など着られなくなってしまったのはどう対処したら良いのか悩んでいる人は多いです。

 

今回は、振袖や古くなってしまった着物などの再利用の方法についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

振袖や古い着物を再利用

振袖や古い着物など、着られなくなってもタンスの肥やしにしておくのはもったいないですよね。

 

それにただ保管しておくのでは、虫食いにあったり、湿気でカビが生えたりして着物がいたんでしまったりするので、着なくても時期が来ればこまめに陰干しをしたりと管理が大変です。

 

ですから、何か再利用できるのならそうしたいと思う人は少なくありません。

 

振袖の袖を仕立てて訪問着にリメイク

902b9935a4556d2833a5eaad930501d2_s

 

振袖のデザインや色にもよるのですが、振袖の袖を短く仕立てることで、訪問着として着るという方法があります。

 

ハサミを入れることになりますが、振袖の本来の姿や形は袖以外はそのままですから、最も有効利用できるものとなります。

 

ですが、訪問着に仕立てても、普段のお出かけに着ていくようなものではないですから、普通にしていたら着る機会はありません。

 

なので、茶道や華道などお稽古を習ってみたり、舞台を見に行ったりなど、敢えて訪問着を着ていけるような機会を作ってみるのも良いかもしれませんね^^

 

子供や孫の代に振袖を着させる

b708608f2ddc158fb9094cdccb22f0f1_s

 

呉服屋などで良いものを購入すると、子供と孫の代まで引き継がせることができると言われていたりします。

 

ですが、先ほども挙げたように着物や振袖の保管は非常にデリケートですから、保管するだけでも手間とお金がかかります。

 

また、子供や孫など女の子に恵まれるとも限りませんし、恵まれたとしても本人は着たがらないかもしれません。

 

例えどんなに良い着物だとしても、時代によって流行りの色や柄があり、古風なデザインが流行っていたとしても、当時のものと今のものでは、似ていても古臭さを感じるはずです。

 

ですから、子供や孫のためにとっておくのも良いかも知れませんが、姪っ子などが身内にいて、気に入ってもらえるなら譲ってあげるのもひとつの方法です。

 

やはり、振袖は着られてナンボのものだと思うんですね^^

 

振袖をバッグや小物などにリメイク

%e3%83%90%e3%83%83%e3%82%b0

出典:http://ct6.biz/?eid=611

振袖をバッグや小物などにリメイクするという方法があります。

 

グラニーバッグであったり、メガネケースや日傘など、世界にひとつしかない自分だけのものになりますよね。

 

%e3%83%a1%e3%82%ac%e3%83%8d%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%82%b9

出典:http://ameblo.jp/southono/entry-12081555194.html

 

%e6%97%a5%e5%82%98

出典:http://ameblo.jp/southono/entry-12081555194.html

 

%e6%97%a5%e5%82%982

出典:http://ameblo.jp/southono/entry-12081555194.html

 

クッションなど再利用する方法もありますが、振袖を大胆に切って加工してしまうため、反対されるケースも多いことでしょう。

 

また他にも、娘がいる場合だと、子供の着物にするという方法も考えられますが、大人のサイズを子供用にするため、デザインによってはメインとなる柄が隠れてしまったりすることもあるので注意が必要です。

 

リメイクや再利用の方法について紹介しましたが、着物や振袖を仕立ててくれるお店がなかなか見つからないというのが実は一番の問題だったりします。

 

スポンサードリンク




振袖や着物の再利用やリメイクは無駄なの!?

2c2fd8943a2e49f4d0eaef472e37b82f_s

 

呉服屋などで振袖を買う時など、良いものは後の3代まで着せられる一生ものと言われたりしますが、実際のところは一般庶民の人達はリピーター客になるわけではないので、利益率を高いものを売ることが多いと言う話を呉服屋で働いていた人から聞いたことがあります。

 

言われてみると、納得する部分もあるかと思いますが、こうして振袖や着物を再利用しようと思っている私達が、次はどんな着物を買おうか何てことはまったく頭にないですからね(笑)

 

呉服屋も生き残るために一生懸命なんですよね。

 

それでいざリメイクをとなると、またその仕立て代や加工代が高かったりするので、下取りで引き取るという形になるのですが、買った値段からすると馬鹿にしているのかと思うほどの値段しかつかなかったりするようです。

 

ですから、着物や振袖を処分や下取りをと思うのであれば、こちらのサイトで査定をしてもらうと良いですよ^^

⇒ 着物買取の買取プレミアム

 

よくある着物の買取サイトだと郵送して査定するサイトが多く、郵送料は着払いで郵送できるのですが、査定額が低い場合が多く、返送する場合には送料は自分が負担しなければならないために、泣く泣く下取りに出すと言うケースが多かったりします。

 

ですが、着物買取の買取プレミアムでは、郵送でも良いですが、日本全国に拠点があるため、直接持ち込みをしたり、出張で来てもらうこともできますし、査定料やキャンセル料も発生しないので、一度相談されてみても良いと思いますよ^^

最後に

せっかく良いものを購入したのですから本当は着てあげられるのが一番良い方法だと思います。

 

それは、あなたが着られるのが一番良いのですが、他の人でも着て貰える人がいたら着てもらうのが良いのかなと思います。

 

日の目を見ることもなく、タンスの肥やしにしておくのが一番もったいない方法ではと思います。

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す