スノボ初心者の準備に必要な持ち物は?楽しくゲレンデデビュー!

この記事は約 8 分 で読むことができます。

今年からスノーボードを始めるというスノボ初心者さんには、ドキドキ・ワクワクだと思いますが、はっきり言って楽しいです。

 

ボードやブーツやウェアーって全部揃えると、結構な金額になったりするのですが、買い揃えるべきなのか?それともレンタルしたほうが良いのか悩んだりしまします。

 

また、それ以外にもスノボに必要な持ち物やどんな準備をしていったら良いのか悩みますよね。

 

今回は、スノボ初心者さんにも安心してゲレンデデビューできるようにアドバイスします^^

 

スポンサードリンク




 

スノボ初心者の準備に必要な持ち物【スキー場編】

 

5e3f196e53514b6e8b318ce6d0f9beaa_s

スノーボードに必要な三種の神器は「ボード」「ブーツ」「ウェア」です。

 

これらをすべてはレンタルすることも出来るので、買い揃える必要はありませんが、レンタル料金もそれなりにしますから、スキー場に行く回数によっては買ったほうが良いかもしれません。

 

これだけだと、分かり難いと思いますので、もう少し詳しくスノーボードグッズの説明や値段の相場やレンタル料金など見ていきましょう^^

 

スノーボード

 

937a9165774b33acc3569120710c5352_s

 

ゲレンデを滑るために必要な板です。
板の選び方ですが、身長マイナス15cmを目安に背の高い人は身長マイナス20cm、背の低い人は身長マイナス10cmを目安に選びます。

 

また、板の硬さも違いがありますが、初心者さんは柔らかい板を選んだほうが良いです。

 

値段の相場は1~10万円と幅広くありますが、初心者さんはビンディングとセットやブーツもセットになったものを購入しても良いと思います。

 

安いものですと、セットでも2万円程度で売られていたりします。

 

ビンディングとは、ボードとブーツを固定する用具で単品で数千円~5万円程します。

 

レンタルの場合は、ボードとビンディングのセットで2~4000円程度になります。

⇒ スノーボード板一覧価格【楽天市場】

 

ブーツ

 

ブーツはスノボード専用のブーツのことです。(スキー用のブーツは使えません)

 

ビンディングとセットになった専用のものもありますが、専用のものにしてしまうと買い換える時に、ビンディングとブーツを同時に買わないといけないデメリットもありますが、価格はその分安くなります。

 

ブーツ単品で購入する場合には数千円~5万円程度します。

 

ブーツ・ボード・ビンディングの3点セットで3万円程度で購入することもできます。

 

レンタルの場合、ブーツは2~4000円程度になります。

⇒ スノーボードブーツ一覧【楽天市場】

ウェア

 

ffc2372c514692cf2527f8e7db546b45_s

 

スノーボード用のウェアのほうがデザインが良いですが、スキー用のウェアを持っているのであれば、それでも別に大丈夫です。

 

スキー場は寒いですから、防寒具として機能していればOKです。

 

スノボ用のウェアは上下セットで揃えるよりも別々で選んで揃えるのが可愛かったりかっこよくなります。

 

ですから、購入する場合の値段の相場は2~4万円程度になります。

 

レンタルの場合には3~4000円程度になりますが、デザインが古臭かったり着回しされているので、防水性がなかったりするので防水スプレーはかけた方が良いでしょう。

 

また、グローブはレンタルでも別料金ですから、グローブは自分で用意したほうが良いかもしれませんね^^

⇒ スノーボードウェア一覧【楽天市場】

 

スポンサードリンク




その他必要なもの

 

【リーシュコード】

リーシュコードとは、ボードと足を結ぶヒモです。

 

これがないと、途中で休憩しようと板を外した時に何かの拍子で板が手元から離れてゲレンデを滑り落ちたら大変危険ですので、必須のアイテムです。

 

【グローブ】

スノーボード用やスキー用のグローブを使います。

 

防寒効果だけでなく、エッジなどに触れて手を切らないようにする効果もあります。

 

【ニット帽またはヘルメット】

ニット帽またはヘルメットはあった方が良いです。

 

ヘルメット?となるかもしれませんが、スノーボード用のヘルメットは防寒対策されており暖かいです。

 

スノボは足が固定されているため、慣れないうちは本当によく転ぶので、ヘルメットがあると安心です。

 

ヘルメット=ダサいと思うかも知れませんが、本格的にスノボをやっている人はヘルメット率が高いので、意外と恥ずかしくないです。

 

ちなみに私はマイヘルメットを持っています(笑)

 

【お尻パッド】

お尻パッドは初心者さんには絶対におすすめしたいアイテムです。

 

本当に最初はよく転びます。
転ぶ時には尻もちをよくつきますから、下手したら半日でお尻がジンジンして痛く、気持ちがブルーになると思います。

 

で、おすすめはスパッツタイプのお尻パッドで、お尻も守りつつ、防寒対策になるので、良いですよ^^

 

【ゴーグル】

ゴーグルがあると、日差しの照り返しを防いだり、雪の凹凸が見やすくなるのですが、慣れないうちは視界が遮られ、かえって見づらくなったりします。

 

また、安物のゴーグルだと中が曇って見えなくなるので、15000円程度の良いものを買わないとお金の無駄になってしまうため、初心者さんには無くても良いかもしれません。

 

一緒に行く友達が持っていたら、一度借りてみると良いかもしれませんね^^

 

【パスケース】

パスケースとはリフト券入れのことです。

 

ウェアに付属されているものもあるので、それでもOKです。

 

【身分証明書】

レンタルをする時には身分証明書の提示が必要です。

 

【ウェアの中の服装】

今のウェアは薄くて暖かい素材になりましたが、それでもスキー場は寒いですから、ウェアの中も暖かい格好が必要です。

 

インナーウェアはやはり、ヒートテックが暖かいですよね。

 

その上にフリースやトレーナなど着込んでおけば、大丈夫です。
最初は寒くても、動いていると、暑くなってくるので、チャック付きなどだと、チャックを下げるだけで体温調整ができるのでおすすめです。

 

下半身にはタイツやジャージを履いた方が良いですが、先程のスパッツタイプのお尻パッドですと、暖かい上にお尻もガードしてくれるのでおすすめです。

 

靴下は厚手のものや二重に履くことをおすすめします。
意外と足先は冷たくなってくるので防寒対策は必須です。

 

また、靴下が短いとパンツの裾の部分から雪が入った時にとても冷たいので、ある程度長さのあるものをおすすめします。

 

スノボ初心者の準備に必要な持ち物【行き帰り編】

 

14c65819fd1dabfa3e86b5bad750dc5a_s

 

日帰りでも一日中ゲレンデで滑っていると、汗をかいてインナーがベタベタなのか、いっぱい転んでウェアーが染み込んできたのか、あるいはその両方でインナーは濡れていたりします。

 

ですから、着替えは必要です。

 

靴は車で移動の場合は普段はいているもので大丈夫です。

 

他には当然ですが、お金や財布はもちろんのことですが、普段のお出かけと同様に日用品は持っていきましょうね。

 

スノボに必要な持ち物は友達から借りよう

 

スノボを初めてやるのに、友達同士で行くと思いますが、みんな初心者で行くと言うケースはあまりないと思います。

 

彼氏と行く、友だちと行く、いずれの場合も誰か経験者といくものと思いますが、ウェアなど何着も持っている人もいると思います。

 

そういった人がいるのであれば、思い切って借りてみるのも良いと思いますよ^^

 

一回経験してみて、また次に行きたいようであれば、スノボグッズを買い揃えれば良いですからね。

 

私は、初めて行く人には板やウェアなど一式を友達に貸してあげてました。
板にはちゃんと固形ワックスをかけて滑りやすいように準備してましたからね(笑)

 

一緒に楽しめる仲間が増えるのは、楽しいことですから、みんな貸してくれると思いますよ^^

 

最後に

 

スノボはやってみると分かりますが、本当に楽しいです。

 

我が家でも、下の子供が小学生になったので、今年は久しぶりにスキー場に行く予定です。

 

当時はスノーボーダーでしたが、子供と一緒にできるように今回はスキーヤーとして楽しもうと思っています^^

 

最後は、私個人の話になってしまいましたが、スキー場によって楽しみ方が違うので、どこのスキー場に行こうか楽しみですね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す