プレミアムフライデーはいつから実施?メリットやデメリットは?

この記事は約 4 分 で読むことができます。

経済産業省と経団連や小売りや旅行などの業界団体は個人消費を喚起するために、「プレミアムフライデー」なるものを実施することが決まったようです。

 

最近ニュースなどで「プレミアムフライデー」を耳にするようになりましたが、いつから実施されるのか気になりますし、実際にどのようなメリットやデメリットが有るのかも気になるものです。

 

今回は、そんな気になる「プレミアムフライデー」についてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

プレミアムフライデーはいつから実施

 



 

プレミアムフライデーとは、実施日には従業員の終業時間を15時にする試みのことです。

 

プレミアムフライデーは2017年2月24日の金曜日に第1回目が実施されることが決定しました。

 

検証を経て、ゆくゆくは全国に普及させて毎月最終金曜日をプレミアムフライデーとしていくというものだそうです。

 

なぜこのような構想が出たのかというと、電通の女性社員が過労自殺したことを皮切りに長時間労働への実態が浮き彫りにされたことで、政府が対策として検討されましたが、実施されるまでの期間は早かったという印象を持ちます。

 

普段の国会もこれくらいスピーディーに出来ればいいのになと思うのは個人的な意見です(笑)

 

プレミアムフライデーを実施することのメリット

 



 

プレミアムフライデー構想が浮上した背景には、「平成32年までに名目国内総生産の600兆円実現」と言う目標があります。

 

現在の個人消費は300兆円ですから、これを倍にしたいという構想です。

 

で、手始めに個人消費を360兆円までに引き上げたいというのが政府の狙いであり、プレミアムフライデー構想というわけです。

 

プレミアムフライデーが実施されれば、定時が15時ですから自由な時間が増え、個人消費も上がるだろうということで景気の回復に繋がればというものです。

 

では実際に、プレミアムフライデーを実施することでどのようなメリットがあるのでしょう。

・残業がなく仕事が15時に上がれる
・夕方に買い物に出かけることができる
・家族との時間を作ることができる
・お茶をしたり、ご飯を食べに行く時間ができる
・普段なかなか行けない役所での手続きや銀行などへ行くことができる
・病院へ行くことができる
・金曜日の夜から旅行に出かけることができる

などのメリットがあります。

 

スポンサードリンク




プレミアムフライデーを実施することのデメリット

 



 

メリットが有る一方で当然と言えば当然ですが、デメリットがるのも否めません。

・業務のしわ寄せが別日や休日返上もあるかも
・給料が下がるかも
・給料が上がらなければそもそもの遊びに行くお金がない
・飲食業界や商業施設などのサービス業は忙しくなり負担が増える
・役所や銀行もプレミアムフライデーを実施されたら意味がない
・時間の有効活用ができない

などがありますよね。

 

また、プレミアムフライデーに参加するのは強制ではないため、実際に参加する企業は一部の大手企業だけかもしれない可能性もありますよね。

 

やはり、大多数を占めるのは中小企業ですし、人材や資金にも余力を持っているところは少ないでしょうし、月末の金曜日と言えば、月締めなど業務も忙しいでしょうから、普及していくのには時間がかかりそうですよね。

 

取引先が業務をしているのに、自社はプレミアムフライデーに参加しているとなると、皮肉っぽく見られたりするかもしれませんからね。

 

また、業種によってはプレミアムフライデーを実施されると困ってしまうものもあり、例えば、学校などで実施されてしまうと、親は仕事で帰れないのに、子供だけが早くに帰宅してしまう、

 

託児所やトワイライトなどに預けることもできないと言ったような場合には、本当に困ってしまいますよね。

 

色々と、問題がありそうです。

 

最後に

政府も景気回復のために色々な手を打って考えてくれていますが、根本的な部分から変えていかないとなかなか景気回復には繋がらないですよね。

 

また、日本にはかつてバブル時代があり、バブルを知っている世代にはある意味その余韻が残っており、それが邪魔をしている部分もあるのかなと思います。

 

でも、過去の歴史を見ても、「1億総中流」なんてものはありませんし、ありえないことが現実に起きてしまったんですよね。

 

でも、政府が言うようにキーは個人消費にあると私も思います^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す