正月のうつの原因は何?年明けに落ち込む気持ちを改善する方法

この記事は約 5 分 で読むことができます。

年末年始は仕事のリズムとは一転、長期休みいダラダラ過ごしたり、実家に帰省したり、旅行に出かけたりと人それぞれですが、休みも明けて仕事に行く頃になると鬱になると言う人が多いです。

 

長い休みで気持ちも体もリフレッシュするはずの正月休みになぜ鬱になるのでしょうか?

 

今回はそのメカニズムについてまとめてみました。

 

スポンサードリンク




 

正月にうつになる原因とは

 



 

お正月のうつは一般的なうつと同じような症状になります。

・気分が落ち込む
・楽しい気持ちになれない
・疲れやすい
・眠たい

 

などなどあります。

 

年末に仕事納めをして、やっと一息つけると待ち遠しかった正月休みなのに、なぜいざ休んでみると鬱になるのか気になりますよね。

 

鬱になる原因には、日射量が少ないことが原因だと言われているそうです。

 

これは生体リズムの関係で照射時間が短くなるとセロトニンの分泌量が不足して、メラトニンが大量に残ることで、気持ちにスイッチが入らずにうつ症状に促されるようです。

 

何となくですが、天気の日は気分が良く、雨や曇りの日は何となく気分が乗らないという経験は誰もがしていることと思いますが、それらと同じようですね^^

 

また他にも、実家に帰省することで親から色々と言われることがストレスに感じたり、普段は仕事の環境の中にいたものが、家族と過ごす時間がストレスに感じたりすることでうつ状態になったりするようです。

 

人は環境が変わると、良いと思っていることでも、それがストレスになりうつ症状になったりします。

 

スポンサードリンク




正月のうつ状態の気持ちを改善する方法

 



 

年が明けて仕事が始まるようになると、気持ちが乗らないからと休むわけにはいかないですよね。

 

でも、そのままだと億劫ですし、辛いものです。

 

正月のうつ状態を改善する方法があるのか気になりますよね。

 

規則正しい生活リズムに戻す

 

先程、照射時間が短くなるとセロトニンの分泌量が低下することでうつ状態になると言う話をしましたが、お正月休みなると生活リズムが乱れて夜更かし、朝寝坊をして日光を浴びる時間が少なくなっていたりするものです。

 

ですから、規則正しい生活に戻し、早寝早起きを心がけるようにしましょう。

 

また、この時期は寒いですが朝活をすると良いですよ^^

 

暴飲暴食をしない

 

夜更かし寝坊と同じく、正月休みになると暴飲暴食をしてしまうものです。

 

お酒もガバガバ飲み、お歳暮の品物やおせち料理やご馳走などめでたい時期に豪華に食べ過ぎ飲み過ぎになってしまうものです。

 

やはりここはあるだけ食べるのではなく、腹八分目に抑えておくのが、正月太りも回避できますし、うつも回避できますよね^^

 

会話をする

 

一人のほうが好きという人もいますが、そんな人でも相手を求めるものです。

 

人は誰かと話すことで、気分も良くなります。

 

また、辛いことや悲しいことや嫌なことなど悩みがあった場合でも、一人で抱え込まずに家族や友人などに話をすることで気持ちも紛れてくるものです。

 

だって、一人で悩んでいても、解決策なんて見つからないですし、結局は堂々巡りを繰り返しているだけだったりしませんか?

 

だったら、気心知れた相手に話すほうが、解決策が見つかったり、実は大した悩みじゃなかった何てことはよくある話です。

 

ただ、その時に話す相手は親身になって聞いてくれる相手が良いかもしれませんね^^

 

楽しみを見つける

 

仕事の日が近づくにつれて気持ちが沈んでいくことはよくあるものです。

 

その時って、仕事に行きたくないなどのネガティブな気持ちになりますよね。

 

でも、仕事に行ってしまえば案外、それほどでも無かったりするものですよね。

 

ですから、嫌だ嫌だって気持ちが鬱な気持ちにさせるので、楽しみを見つければ良いと思います。

 

例えば、会社に行けば、受付のあの娘に会える^^とかガキ使で赤ちゃんのお面を売っているお店を見つけたことを教えてあげよう^^など、ちょっとしたことでも良いので楽しみを見つけると良いですよね^^

 

普通で考えたら、新年早々お叱りを受けるということはまずありませんから。
逆にお叱りをもらうようなことがあれば、それをネタにして同僚や友人に話をすれば、それはそれで楽しいものです(笑)

 

以上、参考にしてみてはどうでしょうか^^

 

最後に

 

照射時間による生体リズムが原因であるというのが意外だったのではないでしょうか?

 

これは、もう私達がロボってでもない限り回避することは不可能ですよね。

 

でも、正月に鬱にならない人も中にはいますよね。

 

そう言った人達はやはり、毎日が充実していますし、休みの日には休むものではなく満喫して楽しんでいたりしませんか?

 

鬱になりやすい人の特徴として休み明けのための休みが欲しいと思っていたりしますよね(笑)

 

一方で鬱にならない人って、それだけ動き回って疲れないの?ってぐらい毎日が休まずに何かしらしていますよね(笑)

 

そんなものですね^^

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す