包丁のサビの取り方!超簡単にできる裏技に思わず嘘と叫びたくなる!

この記事は約 5 分 で読むことができます。

料理に包丁は必要なアイテムですよね。

 

お肉や野菜や果物など美味しく調理するためにも毎日使う包丁。

 

使った後はきれいに洗って布巾で拭いてお手入れをしているのに、包丁がサビてしまったという経験はありませんか?

 

今回は、サビてしまった包丁を誰でも簡単にできる超かんたんな裏技を紹介します。

 

スポンサードリンク




 

包丁のサビの一般的な取り方

 



 

包丁が錆びてくると切れ味が悪くなるのはもちろんのことですが、口にする食べ物を切る時に錆びた部分が食べ物に触れるのは衛生的にも健康的にもよくありませんよね。

 

鋼の包丁を使っている人は、こまめに手入れをしないと包丁はすぐに錆びつくのは分かると思います。

 

でも、我が家ではステンレスの包丁を使っているから大丈夫と思っているかもしれません。

 

確かにステンレスの包丁は鋼の包丁に比べると、錆びにくいですが錆びないわけではありません

 

ステンレスの包丁には「マルテンサイト系ステンレス・スチール」と呼ばれる金属で炭素を入れることで焼入れをして切れ味と強度をあげています。

 

また、サビないようにクロームで皮膜を作り処理しているのですが、サビないわけでは無いんですよね。

 

試しに磁石でくっつくかテストしてみると分かるのですが、くっついてしまうんですね。

 

つまり、オールステンレスではなくがステンレス包丁にも含まれていると言うことです。

 

サビてしまった包丁のサビを落とす方法で一般的に対処されているものが、荒砥であったり、耐水ペーパーを使用してサビを取る方法です。

 

サビつきの度合いに応じてペーパーの番号を変えて、磨き上げるわけです。

 

この手間暇をかけて磨き上げると、ピカピカに光り輝く包丁を見ることが出来るのですが、この方法は、素人の私たちには手間がかかりますし、上手にサビを落とすのも至難の技であることは間違いありませんよね。

 

私達の求めるものは、このようなプロの人達がするような方法ではなく、素人でも簡単にできる方法を知りたいわけです。

 

その方法が次の方法になります。

 

包丁のサビの取り方で超簡単に出来る裏技とは



 

包丁のサビの取り方は驚くほど簡単です。

 

用意するものはたった2つだけです。

・粉末クレンザー
・ワインのコルク栓

 

たったこれだけです。

 

もし、ワインのコルク栓がなければ、大根を輪切りにするのでも大丈夫です。

 

これだと、どこの家庭でも用意できるのではないでしょうか(笑)

 

あとは、
包丁を濡らし粉末クレンザーをかけて、ワインのコルク栓(または大根)を水につけたら、包丁が動かないように固定して、錆のある部分をこすっていくだけです。

 

これだけで嘘のように感じるかもしれませんが、プロの料理人も実は使っている裏技なんですね^^

 

それもそのはず、クレンザーは磨き粉ですから元々は研磨効果が充分にあり、ワインのコルク栓はスポンジで磨くよりもしっかりと力を入れられるので、磨くのに安定しており、包丁以外の色んな物をピカピカにしてくれる万能アイテムだったりします。

 

その後は、水でしっかりと洗って乾いたタオルでよく拭き取れば完了です。

 

スポンサードリンク




包丁の手入れや錆に気をつけるポイント



 

せっかくきれいに錆取りができたとしても、管理が不十分だと、またすぐに錆びてしまいますよね。

 

そうならないためにもお手入れの方法やこれから気をつけていくべきポイントについて知っておいた良いですよね^^

 

包丁が錆びる原因に「水」が一番苦手だと言うイメージがありますが、実は「お酢」と「塩」なんですね。

 

酢は酸性のため参加していきますし、塩は海辺の街など見ると分かりますが、潮風で錆びていますよね。

 

ですから、「お酢」と「塩」を使った後は特に注意が必要になります。

 

他にも錆を防ぐために注意しておいた良いものを紹介しますね。

・汗や血液などの体液など
・アルミや鉄などの異種金属に触れると電蝕を起こす
・熱湯を注いだり、煮沸消毒などの高温高圧は焼きなましになる
・水洗いのみは水道水の中の鉄サビによりもらいサビになる

 

などなどあるので、気をつけてくださいね^^

 

最後に

 

粉末クレンザーとコルクでサビ落としが簡単にできるのには驚いたのではないでしょうか?

 

コルク栓は非常に便利なアイテムなので、ワインを開けたあとは捨てずに取っておきましょうね(笑)

 

またこの方法以外にも便利アイテムとして中サビと言うものがあります。


一度錆びると、もらいサビなど錆びやすくなるので、こまめに拭いて手入れをしておくのが包丁を長く使える秘訣ですね^^

 

また、切れなくなった包丁をアルミホイルなどを使って簡単に切れるようになる方法についても紹介しているので、最近包丁の切れ味が悪くなったなと思うのであれば、ぜひ一度お試しくださいね^^

⇒ 包丁の研ぎ方の裏技を大公開!砥石がなくても家にある物で簡単にできる

 

スポンサードリンク




[`yahoo` not found]
[`evernote` not found]
GREE にシェア
LINEで送る


スポンサーリンク

コメントを残す