アレルギーの食べ物の種類と一覧!特定原材料7品目と20品目とは?

赤ちゃんが生まれて最初の頃は母乳や粉ミルクがメインの食事になりますが、半年ほど経つと離乳食が始まる時期になります。

 

離乳食が始まると、中にはアレルギー反応を起こす子供もいます。

 

そんな時には、すぐにかかりつけのお医者さんに診てもらう必要があります。

 

でも、大事な我が子にそんな思いをさせたくないのは親としては当然の事。

 

だったら、そのようにアレルギーの可能性のある食べ物はまだ小さい頃は控えておくというのも一つの方法だと思います。

 

そのためにも、アレルギーの食べ物の種類と一覧を知っておいたほうが良いと思いますよね。

 

また、気をつけていても慣れないうちは、アレルギー物質が含まれていないと思って誤食させてしまうこともあるかと思います。

 

意外なものにもアレルギー成分が含まれているので、もしもの時のために知っておいたほうが良いと思いますよ^^

 

アレルギーの食べ物の種類と一覧



 

食物アレルギーの食べ物で特に症状数が多いものであったり、症状が重く生命に関わるような特に留意が必要で、表示義務のある特定原材料7品目(7大アレルゲン)と、それ程までの重症度は無いにしてもアレルギー反応の出やすい「特定原材料に準ずるもの」とされる、可能な限り表示するよう推奨されている20品目とがあります。

 

今では、食品の成分表を細かく見なくても、特定原材料であれば、目立つところにアレルギー成分のものが表示されているので、以前に比べるとわかりやすくなりましたよね。

 

ですが、特定原材料に準ずる20品目は表示することが義務化されていないので、表示されていないことがあるので、パッケージの裏側にある成分表をチェックしておいた方が安心でしょう。

 

特定原材料7品目(7大アレルゲン品目)

鶏卵、あひる卵、うずら卵など一般的に食用とされる鳥の卵の事です。

 

卵黄と卵白では成分が違いますが、どちらもアレルギー反応の出やすい食品です。

 

粉末卵なども同じですから、一見したら卵が含まれていないような加工食品でも含まれているケースがあるので、注意が必要です。

 

また、アレルギー症状がひどい場合には、卵を茹でる時の蒸気だけでもアレルギー反応を起こすといった事も実際にあるので、こちらも注意が必要ですね。

 

魚卵などの他の生き物の卵は表示対象外となっています。

 

小麦

小麦と小麦粉(強力やと薄力粉やデュラムセモリナなど)の事です。

 

つまり、パンもダメです(米粉パンと謳っているパンでも小麦が含まれているものが殆どです)し、ラーメンやうどんなどの麺類も小麦成分になりますよね。

 

小麦も多くの加工食品に含まれているので、こんなものにも!?と思う時もよくあると思います。

 

ただし、大麦やライ麦は表示対象外となっています。

 

牛の乳より製造された食品全般の事です。

 

牛乳はもちろんのこと、ヨーグルトなどの乳製品やバターなどの発酵製品などです。

 

ただし、水牛の乳、山羊乳、めん羊乳等は表示対象外となっています。

 

卵・小麦・乳は色々な食品に含まれているので、慣れないうちは食べさせるものが無いと思ってしまうかも知れませんね。

 

実際に我が家ではこの3つがアレルギー反応の出る子供でしたから、食事には本当に苦労しました^^

 

えび

くるまえび、しばえび、さくらえび、てながえび、小えび、伊勢えび類、うちわえび類、ロブスター等のザリガニ類、その他のえびなどのエビ類全般です。

 

ただし、シャコ類やあみ類やおきあみ類などは表示対象外となっています。

 

かに

タラバガニ、越前がに、花咲ガニ、毛ガニなどカニ類全般です。

 

エビ類やカニ類ではアレルギー反応が敏感な人ではエキスだけでも症状が出てしまうことがあるので、注意が必要です。

 

そば

麺のそばやそば粉、そば茶などそば全般のことです。

 

落花生(ピーナッツ)

落花生(なんきんまめ、ピーナッツの事)、ピーナッツバターやピーナッツオイルも含まれます。

 

特定原材料に準ずる20品目

特定原材料7品目と比べれば、重症なアレルギー反応を示さないまでも、やはり食物アレルギーを起こすものであることは、身体にとってはよくないことです。

 

ただ、表示義務はなく推奨とされているため、各企業によって表示されていたり、いなかったりするので、パッケージの裏側にある成分表に目を通して置いた方がよいでしょう。

 

あわび

国産品、輸入品問わずあわびのことですが、よく似たとこぶしは表示対象外となっています。

 

いか

ほたるいか、するめいか、やりいか、まいかなどイカ類全般のことです。

 

いくら

さけ、マス類の卵巣のこと。筋子も含まれます。

 

オレンジ

ネーブルオレンジ、バレンシアオレンジ等のことです。

 

みかんやグレープフルーツやはっさくやレモンなどは表示対象外のため、柑橘類の区別は難しいかもしれませんね。

 

キウイフルーツ

キウイフルーツのことです。

 

くるみ

くるみのことです。

 

バナナ

バナナのことです。

 

さけ

サケ類やマス類のことです。

 

ただし、にじます、岩魚、山女等は表示対象外となりますが、海で養殖された場合は表示義務があり、複雑なものとなっています。

 

さば

ごまさば、まさば、関さばなどのサバ類のことです。

 

大豆

大豆、枝豆、おから、豆乳などのこと。

 

ただし、味噌や醤油や納豆や大豆油などは大豆製品ですが、加熱や発酵する際に大豆タンパクが分解されるため、アレルギー反応は出にくいと言われています。

 

ちなみにですが、私の子供は食べてもアレルギー反応は出ませんでしたが、絶対とは言い切れないので、もし気になるようでしたら、少量を使って時間をおいて様子を見て下さいね。

 

まつたけ

まつたけのことです。

 

他のきのこ類は表示対象外となっています。

 

もも

もものことです。

 

やまいも

自然薯、長いも、つくねいも、いちょういも、大和いも等のやまいも類です。

 

りんご

りんごのことです。

 

ゼラチン

厳密に言えば、牛肉や豚肉にもゼラチンは含まれていますが、ゼラチンの名称で流通している製品のことを表します。

 

ごま

白ごま、黒ごま、金ごまなどのごま類やごま油や練りごま等の加工品などのことです。

 

トウゴマやエゴマは表示対象外となっています。

 

カシューナッツ

カシューナッツのことです。

 

まとめ



 

特定原材料7品目と特定原材料に準ずる20品目とは何かについてまとめてみましたが、実際にはこれら以外にもアレルギー反応を起こしやすい食べ物と言うものはたくさんあります。

 

例えば、私の子供の場合であれば、特定原材料7品目のうち、卵・乳・小麦・えび・かに・そばと6品目がダメでした。

 

特に困ったのが卵・乳・小麦でした。

 

それに加えて、今回載せていない食べ物の中で「米」もアレルギー反応が出ていました。

 

レベル的には当時はレベル3でしたが、数値ほどのアレルギー反応が出ていなかったので、お米は食べさせていました。

 

そうしないと食べさせるものが、本当に無かったですからね。

 

お米はレベル3でしたが、卵や牛乳は数値が振り切っていて当時はマックスのレベル6。

 

小麦がかろうじてレベル5という状態でしたからね。

 

自分の子供はどうなんだろうと思う場合には、血液検査をしてもらうと、どんなものにアレルギー反応が出るのか分かるので、不安なら一度、かかりつけの病院に行ってみたほうが良いと思いますよ^^

 

誕生日・クリスマス・ひな祭りに子供も喜ぶアレルギー対応ケーキ!

子供の大好きな食べ物のひとつにケーキがありますよね。

 

私達が子供の頃、ケーキと言えば特別な日のデザートと言った位置づけでしたが今の子供にとっても同じ感覚だと思います。

 

特別な日に食べるケーキ、それは誕生日であったり、クリスマスであったり、女の子のいる家庭ではひな祭りのケーキもそうですよね。

 

でも、ケーキには卵・小麦・乳が入っているためアレルギー体質の子供には食べられないものです。

 

ですが、今はアレルギー対応のケーキも種類が増えてそんな子供たちでも美味しく頂くことが出来るようになったのは親として嬉しいものです。

 

今回、我が家ではアレルギー対応のケーキでも他では珍しいティラミスやガトーショコラやレアチーズケーキなど、本当にアレルギー対応なのって思うようなケーキを食べましたので、ぜひ参考に見てくださいね^^

 

「誕生日・クリスマス・ひな祭りに子供も喜ぶアレルギー対応ケーキ!」の続きを読む…

アレルギー対応(卵・小麦粉・乳製品不使用)の誕生日ケーキでお勧めは?

一昔前ではアレルギー対応のケーキが少なかったので、アレルギー持ちの子供がケーキを食べるのは自分で作るしか選択肢はありませんでした。

 

でも最近は、アレルギーの認知度も上がり、全体としてはまだまだ少ないですが、それでもアレルギー対応のケーキを作ってくれるお店が増えてきました。

 

私の子供も保育園までは卵・乳製品・小麦の全てがアレルギー持ちで、今では小麦粉だけが解除された状態なのですが、毎年誕生日ケーキを選ぶのには苦労します。

 

今回は、私の子供と同じようにアレルギー対応のケーキについてシェアさせていただきますね^^

 

「アレルギー対応(卵・小麦粉・乳製品不使用)の誕生日ケーキでお勧めは?」の続きを読む…

アトピーやカサカサ肌の赤ちゃんにステロイド以外の対策法

生まれたばかりの赤ちゃんは肌が非常に弱いので、ちょっとしたことでもすぐにかゆがったりして肌がボロボロになりやすかったりします。

 

これを放っておくと、炎症を起こして全身に転移したり赤みを帯びたりして、より一層治らなかったりします。

 

アトピー体質の方だとわかりますが、病院などに行って薬をもらうと、まず「ステロイド剤」をもらうと思います。

 

確かに炎症がひどく、子供本人もかゆがっている時には効果的なのですが、よく言われる副作用が心配で、できることなら避けたいと思うのは母親なら誰でも一緒のことともいます。

 

今回は、アトピーや敏感肌やカサカサ肌など肌の弱い赤ちゃんや子供にステロイド剤以外でできる対策法について紹介します。

 

「アトピーやカサカサ肌の赤ちゃんにステロイド以外の対策法」の続きを読む…

ミニストップのアレルギー対応のクリスマスケーキ2016年は何?

子供にとってクリスマスはとても楽しみなイベントですよね。

 

クリスマスプレゼントにクリスマスケーキと嬉しいものばかりです。

 

その一方で親にとっては大変な時期でもあるのですが、子供たちが喜ぶ姿を思い浮かべるとそれはそれで幸せを感じるときでもあるのですが、卵や牛乳や小麦など7大アレルゲンを持つ子供がいると、クリスマスケーキの選択は極端に少なくなってしまうものです。

 

とは言え、年々アレルギー対応のクリスマスケーキもニーズに応えてくれている感じがしますが、今回はコンビニのひとつミニストップのアレルギー対応のクリスマスケーキについて調べてみました。

 

「ミニストップのアレルギー対応のクリスマスケーキ2016年は何?」の続きを読む…

7大アレルゲン不使用のクリスマスケーキ2016年版セブン・イレブンは?

もうすぐクリスマスの時期ですが、子供を持つ親にとってクリスマスプレゼントにクリスマスケーキと準備が大変です。

 

その中でも、アレルギー持ちの子供がいるとクリスマスケーキを選ぶのに特に苦労することと思います。

 

ですが、アレルギー対応のクリスマスケーキも年々種類が増えていっています。
コンビニも例外ではありません。

 

今回はセブン・イレブンのアレルギー対応のクリスマスケーキの紹介です。

 

「7大アレルゲン不使用のクリスマスケーキ2016年版セブン・イレブンは?」の続きを読む…

アレルギー対応のクリスマスケーキでローソンは7大アレルゲン不使用

アレルギーのある子どもを持つ親御さんにとっては、7大アレルゲン不使用のクリスマスケーキを探すのは苦労されていることと思います。

 

2016年のクリスマスケーキの予約がローソンでも始まりましたが、今年のアレルギー対応のクリスマスケーキは昨年よりも大きく進化しました。

 

アレルギー対応のクリスマスケーキをどこで予約するか決まっていないと言うのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

「アレルギー対応のクリスマスケーキでローソンは7大アレルゲン不使用」の続きを読む…

アレルギー対応のクリスマスケーキ2016年版!イオンのケーキ編

アレルギー持ちの子供を持つ親としては、普段の料理から苦労されていることと思います。

 

我が家でも、子供たちが卵・牛乳・小麦アレルギーがあったため、毎日が苦労との戦いでした。(今は小麦アレルギーだけ解除されましたが、卵と牛乳はまだまだ数年はかかると思います)

 

だって、自分だけ違う食べ物って子供にとってはとても悲しい気持ちになりますからね。

 

もうすぐクリスマスですが、2016年の予約も始まっているので、アレルギー対応のクリスマスケーキを紹介したいと思います。

 

「アレルギー対応のクリスマスケーキ2016年版!イオンのケーキ編」の続きを読む…